古い年度で検索         

読みやすくする   

 各ブログのタイトルをクリック

コメントの書き方  

 タイトルをクリックしないと、

 書けません!

写真の見方     

 ワンクリックで拡大、もう一度

 でさらに拡大できます。


各ページ内検索[Ctrl]+[F]キーワードを入力してください。 

 

最新アップデート

2017年

10月

01日

出前授業とビッグシリーズ

 無料パソコン教室では、ご近所の場合は出前授業もしている。

息子がスマホに送ってきた孫の写真のプリントアウトや拡大・トリミングがしたいとのこと。

1時間の出前授業のお礼にビールを頂いた。4,5日前からの予約だったので出かけたが、実は昨日までこの2日間寝ていた。風邪を引いたらしく、早期対策で1日で治ったのだが念のため用心した。

外出ついでに天候も良いので、久し振りに庭の散歩をしてみた。 

 

 庭ではビッグシリーズの一つが元気に・・・。

 

 今年も大きな冬瓜がたくさん収穫できた。我が家では、過去に何度も長さ60cmもある大きなものが収穫できたが、全て家庭菜園での栽培であった。

今回のものは発泡スチロールの鉢植えで栽培したものである。花の傍に捨てた肥料の中に去年の種が残っていたらしく、highdy が別宅に移動する際に3本の芽が出ていたものを1本残しておいた。

庭では育てるスペースがないため、弦を縦に伸ばし、大きくなることを想定して2階から吊り下げる紐を準備、後の面倒は紫陽花に託した。

弦は上へ伸び、葉っぱは梅の木を覆って青々と茂っている。

2個目は吊るし場所がなく、急ごしらえの敷き藁(ワラ)の畑(?)で元気に育っている。放置しておくと、箱からはみ出てしまう勢いである。


 1個目は網をかけ、吊るして栽培・収穫したそうだが、大き過ぎて台風で紐が切れるのではないかと心配したらしい。1個目に負けないほど大きくなり、直径で約25cm、長さは約45cmあり、スーパーで売っているものの約3倍はある。

いつもながら我が家の庭木や野菜は完全無農薬・有機栽培でだから、育ちは若干遅いものの総じて大きなものができることが多い。

先日も、紫陽花があっという間に調理をしてしまったので写真を撮り損ねたが、採り忘れのナスが見つかり直径が約15cm長さ約20cm近くもあるお化けが収穫できた。本来は梵天丸(山形県の特産?)という種類なので、そんなに大きくはならない作物である。

 我が家はいかなる薬品も使わないので地力があり、野菜そのものも病虫害に強く、のびのびと育つためである。ただ、そのような土壌にするには10年前後の歳月がかかる。

冬瓜もあまり大きいと食べきれないので、あちこちに配る。今年も静岡に3個を嫁入りさせた。自宅で食べる時は、数個に切り分けてご近所に配ることが多い。味がつけやすい野菜なので、いろんな調理法がある。若い小さなものは酢の物でも、味と食感を楽しむことができる。


 収穫された野菜類のうち、室温で保存できるものは大切(?)に出窓に飾られていることが多い。(右上の写真)

今年の金糸瓜(ソーメンかぼちゃともいう)は、数が多過ぎて例年の半分の大きさになったようである。握りこぶしほどの小さなかぼちゃ(名前は忘れた!)は、どんな食べ方をしても甘くて、とっても美味しい珍しい品種である。

 

 少ない年金でも、家庭菜園があれば野菜の購入費が少なくて済み、

家計の足しになり、十分に楽しみながら、

しかも健康的に、経済的に暮らせるものである。


2017年

8月

22日

甘酒、ジャム、電気工作、・・・

 夏休みも残りわずか、関西では連日の高温注意報が出る中、時折雷雨も発生し不安定な天候が続く関西、今年の夏は例年になく変な気候で、東北方面では日照不足によるイネのいもち病も発生している。

そんな中でも、highdy は忙しくも楽しい毎日が続く。

 甘酒やジャ作り、各種の電気工作、HPへの記事投稿・更新、ブログの更新、PCの改造で充実の毎日、加えてその間ではお馴染みさんへのサポート、音声チャットと忙しく活動中。

甘酒は準備と仕込みで約10分、後は4~5時間放置しておけば出来上がりだが、ジャムは数日に1回、収穫・皮むきと煮詰めで約1時間はかかる。今年はもう 2kgくらい作ったかな。

 電気工作もPCの外付けスピーカーのアンプや遠隔操作用のリレーユニットの準備、PC電源ON/OFFユニットの製作といろいろ。ネットでやっと見つけた5V駆動の小さなソレノイド(電磁石)だが、PCのボタン操作には意外に力が必要なようだ。ソレノイドのピストンの推力が小さく、金属製の耳かきを壊して作ってみたが、まだ操作できない。日頃は全く気にしていなかったが、我々はかなりの力でキー操作している。

 悪戦苦闘、いろいろなものをキーボードの上に載せて試したところ、大きさでは100円ライターを4つ束ねたくらいの多機能な扇風機のリモコンでやっと押せた。

測ってみると、なんと53gもある。つまり、小さめの玉子1個分の重量が無いと押せない。実はこの装置ができれば、iPad でWiFiコンセントを操作すれば、遠隔でPCの電源を操作できるので都合がいいと企んでいたのである。

 すでに山口県のカメラを埼玉県から操作するネットワークカメラはうまく動作し楽しんでいるが、設定は上記のWiFiコンセント同様とても簡単で、帰宅前にエアコンのスイッチを入れるなど需要が高まっている。ネットワークカメラは一般家庭にもかなり普及しており、赤ちゃんやペットをスーパーでの買い物中に監視するなど、最近多く利用されている。

 という訳で、PC操作は適当な部品がなかなか見つからないので製作を中止、ソフト的なWOL(Wake on LAN)、すなわち電源の切れた寝ているPCを遠隔操作で起こしてネットに接続することに変更することにした。

この設定は各種制限があり、かなり面倒なものである。簡単に誰でもできるレベルだと、当然ながらセキュリティ上危険この上ないことで、やや高度な知識が必要であるが何とか目途がついてきた。


2017年

8月

14日

朝から大忙し?

 昨日も今日も朝から大忙し?

とは言っても、サンデー毎日の highdy だから夜はのんびり過ごしている。昨日はお墓参り20点セットを持って早朝からお出かけ。

今朝は先ず無料パソコン教室テキスト更新を2件、続いて昨日、紫陽花が送ってくれた野菜の処理、自分で収穫した無花果のジャムづくりで、7時から10時半まで大奮闘!!

 いまはキューリは旬の筈なのにスーパーで買ってくるものは、野菜保存袋に入れて冷蔵庫で保管しても3~4日目に溶け始める。少し太めの牛蒡ほどの大きさで長さ20cmのものが3本で170円。紫陽花にその窮状を訴えたら「では家庭菜園から自家製のものを・・・」と、例によって10kg入り段ボール1杯いろんな野菜を送ってくれた。すべてあ完全無農薬・有機肥料栽培である。ミニトマト(上の写真)は長さが40~50mm前後の少しくびれがある面白い形のもので、フットボール様のものも中にある。とても美味しく甘いが、皮の硬さはやや固いものもある。

野菜は、トマト以外にキュウリナスアスパラミョウガ金糸ウリ(そうめんカボチャともいわれる)、つるむらさき(緑茎種)玉ねぎ。特別に苗を取り寄せ栽培する緑茎種のつるむらさき(1年性)は、ほうれん草に似た味だが僅かにヌメリがある美味しいものである。赤茎種紫色)は放っておけば、何年でも気違いのごとく繁殖する。赤茎種は葉の色が濃く若干アクがあるため、お浸しの場合は、ほうれん草同様に水晒しのアク抜きが必要だが、緑茎種はその必要がない。大量にあると、新しいものでも1週間程度で傷むので茹でて保管する。

我が家のキュウリは、20日前後冷蔵庫で保管しても全く傷まない。やはり、栽培法が違うとしか思えない。

  収穫始めは特に大きい


 無花果も収穫初めのものは、小さめのリンゴほどもあるとても大きなものが10数個採れるが、この時期は普通(直径5cm前後)の大きさになる。我が家のものは表面が赤や紫にならないタイプでとても甘いものである。

毎年食べきれないのでジャムをつくっているが、今年の西日本は連日高温注意報が出るような天候で特に甘い。いつものように、皮むき後の重量の1/3三温糖を加えたら甘過ぎた。既に2回で約1kgもできているが、新しいもの加えて作り直す必要がありそうな感じがする。

 野菜以外にも、お菓子、干ししいたけ、ヒジキ、乾燥麺、ソーセージ、即席スープなど、海外出張の多かった highdy 得意の詰め込みワザを見て覚えているので、期待以上の品物がぎっしり詰まっていて嬉しい。


2017年

8月

11日

障子の張替え

 連日高温注意報が出ているさなか(最中)、お盆も近いし先日から数日おきに別宅(旧実家)の障子の張替えをしているが、気まぐれにやっているのでまだ6枚しか終わらない。

なにせ古い昔式の家だから、部屋数が7つ(押入れは5つ)しかないのに、出窓が多く建具がやたらと多い。一般的には、秋から冬にかけた小春日和や年の瀬の大掃除の時などにされる方が多いようだが、highdy は乾燥の早い夏にやる。

どのくらいの建具があるのか興味本位で数えてみると、襖は14枚、障子18枚、ガラス引き戸46枚、その他木製引き戸やドアで10枚、厳密に数えれば

仏壇の両開き襖ドア、欄間などを入れるとさらに増える。ガラス付障子、板の引き戸、ドアもあり様式もいろいろ。

    一部は夏仕様にしてみた
    一部は夏仕様にしてみた
  カットと霧吹きをすれば仕上がり!
  カットと霧吹きをすれば仕上がり!

その割に亡き親父は建築関連の知識は乏しかったらしく、7つの部屋のうちhighdy が快適! と評価する部屋は2つしかない。ユーティリティー設備のうちトイレと風呂については周辺や本体も広く、介護をするうえで作業性の良いスペースが確保してあったことは評価できる。

自宅の場合は、風通しや陽当たりを計算に入れて自分で設計したので、一般の家よりガラス戸は多くほぼ同じだが、襖や障子は半分以下、その他(ドアや折り畳み戸)もほぼ同じである。 

    本日の作業は終わりっ!!
    本日の作業は終わりっ!!

 障子張りも数多く経験を積むと、腕前も上がり早くなる。このシーズンなら2枚洗って乾かすには1~1.5時間、貼るには1枚に10分~15分(紙のカットを含めて)なので2時間もあれば終わる。

襖はそうはいかない。というのは、襖紙は障子より丈夫なので貼るのは簡単だが、枠の取り外しと復旧作業があるからである。数が多いと嫌になってくるから、手際のよいプロに頼んだ方が楽である。

でも、真っ白な障子に変わると、なんだか気分も明るくなってくる。今年はもう10枚終わった。本当は廊下の6枚もやってしまいたいのだが、暑いし今年はもうやめておこう。それにそれほど黄ばんでもいないので・・・。


2017年

7月

30日

しまった~! 忘れたっ!

 期末試験も終って今日は日曜日、昨夜は早く23時に寝た。今朝はのんびり朝寝をしようと思ったのに、例によって野鳥のカラスが5時半からうるさくて寝ていられない。仕方なく起きて食事ををすませPCの前に座ったら、今度は耳元で、「ジ~~~ワシワシワシ・・・」と鳴くヤツがいる。ワシワシと言わなくても、あんただと分かっているよ!と言いたい。

 昨年枝切りをしなかったグミの木が、成長が早いので軒の下まで迫ってきて3m足らずの所で鳴くからたまらない。自宅より沢山の木があったが、ほとんど切り倒したので以前に比べて1/3位に減った。それでも夏場は連日朝7時~9時頃まではご近所のセミ仲間との大合唱である。まだ6時半なのに、セミには日曜日もないらしい。

ところで、毎日12時間の猛勉強という長い戦いも終わりホッとした。

日々コツコツやっていれば、これほど頑張ることもないのだろうけれど…と思いつつも、一気に集中してやるのがいつものパターンである。

人それぞれ独自の方法はあるとは思うが、今日は highdy の勉強法をご紹介しよう。失敗談のオマケも・・・

 左半分は11インチのノートPC、右側は21インチの拡張モニターを同時にキャプチャー
 左半分は11インチのノートPC、右側は21インチの拡張モニターを同時にキャプチャー

勉強中はいつもPC拡張モニターを1台使って、一度に7~8画面を同時に開いて作業をする。

① WEB上の放送画面で講義を聞きながら、

② 必要な図・表の半分程度は Snipping Tool でキャプチャーしつつ、

③ 必要に応じて JTrim で加工、(これも、Windows10 の updateで

  ワークスペースが使えて便利になり、殆ど不要になった)

④ Word に図・表を挿入、文字入力は、

⑤ ネット上の無料の音声認識ソフトで、Word に記入する文字を音声入力

  し文字変換、(最近はかなり高精度で変換してくれる)

⑥ 同時に、後刻音声変換してICレコーダーに入れるために、メモ帳にも

  音声認識結果をコピペしておく。

⑦ リモート制御ソフト(TeamViewer:ドイツの会社のアプリ)と、

⑧ ハングアウト(タスクバーに表示)は、いつでもサポートできるように

  常時ONである。

  使用パソコンのメモリーは6GBしかないが、これだけ起動しても、

⑨ タスクマネージャーを見ると、ご覧の通り、まだ、余裕たっぷり!

 

 メモ帳のデータは、別のソフトで音声に変換(拡張子wav)し、さらに別のフリーソフトで wav → mp3 に変換し、音声データを ICレコーダー

に入れる。

そして、その後は、時折ノートや教科書を見ながら、ICレコーダーに耳を傾ける。一旦録音してしまえば、何処でどんな作業をしながらでも聴ける。

 この勉強法を大学で何人かの方に紹介したら、highdy ほどのノート作成をしている方は一人もいないが、ICレコーダーに入れる方法を使っている方は結構多くなった。

最近データ配信方法が変わったので、以前のように丸ごと録画をしなくても必要なところで一時停止ができ、随分楽にノート作成ができるようになってきた。

ノートの作成例(単位が違っている!)
ノートの作成例(単位が違っている!)

 この方法だと、45分放送×15回を視聴し、約300ページの教科書を読み、100ページ程度のノートを作成、1時間~1時間20分程度の音声データを作成するのに僅か3~4日程度でできる。あとは音声を聞きながら呪文を唱えるがごとくひたすら覚えるのみである。

ところが、私のしたこと・・・。

しまった~! 忘れたっ!」 実は、今回、ICレコーダーを自宅に忘れて来てしまった。慌ててAmazon タイムセールで適当なものを購入、事なきを得た。

そのICレコーダーが優れもの。

音楽もイコライザーがついており音質も抜群! FMラジオをはじめとして、画像、動画、Ebook、カレンダー、タイマー、アラームなど実に高機能であある。もちろん、ラジオの録音もOK。言語は28カ国対応、ラジオも日本モードとヨーロッパモードあり。サイズは8×40×90(mm)、重さは100円ライター並み、それでたったの1,618円(highdyの場合は送料不要)とくるから素晴らしい!


2017年

5月

31日

舐めらたらいかんぜよ!

筑波山神社本殿       
筑波山神社本殿       

 5月29日、予てより念願の筑波山に登ることができた。己の年齢や体力、運動不足すらも顧みない無謀な強行軍

若くして亡くなった女優、夏目雅子さんが鬼龍院花子の生涯で放った名セリフ「舐めたらいかんぜよ!」がピッタリである。宿泊したつくばグランドホテルがすでに海抜200m余りであるから、女体山(877m)も男体山(871m)も大したことはないと思ったのが間違い。

 行動起点は、筑波山神社の近くのホテル
 行動起点は、筑波山神社の近くのホテル

 登山レベルでは一応中級に属するようである。ただ、晴れた日であれば初級と言ってもいいレベルの山だろう。何故なら、幼稚園児や小型犬も登る位だから・・・。

でも、年齢からくる体の弱りか息切れがする。加えて日頃の運動不足もたたり足が痛くなってくる。

数日前には風邪と感づき、1日半寝込んだが、早めの養生が功を奏し当日は万全の体調で臨むことができた。

 麓のホテルを9時に出て、大御(おおみ)堂経由、有名な筑波山神社にお参り、登山は白雲橋(はくうんばし)コースから、途中の酒迎場分岐点から迎場(むかえば)コースへ、女体山登山ロープウエイのつつじが丘駅経由おたつ石コース、再び白雲橋コースに戻って女体山山頂へ、山頂連絡路にて昼食、男体山山頂から自然研究路を一周、山頂連絡路に戻って御幸ヶ原コースで下山、男体山登山ケーブルカーの宮脇駅傍を通って筑波山神社に戻るというかなり欲張りなコースで、ホテル着は16時。

全コースの詳しい案内は、こちらが参考になるだろう。

            今回歩いた全コ―ス(画像はクリックで拡大)
            今回歩いた全コ―ス(画像はクリックで拡大)

 筑波山は大したことはないと言う殆どの方は、全コースを歩いたことのない方で、バス・タクシー・自家用車とロープウエイやケーブルカーを利用した人達で、うまく利用すれば、両山頂を1時間半程度でクリアできる

もちろん、登山を趣味とするレベルの方にとっては、中級ならそれほどのこともなかろう。

 最短(1 時間10~30分)コースなら平均斜度は8余りの Lv 59中級コースである。

 highdy 達は若くないので最短コースでは選択せず、健脚なら可能な4時間30分の遠回り欲張りコース。とは言え、45度近い傾斜も複数あり、鎖を使ったり、四つ這いが必要な部分も数多くある。

途中、約10名の小学生、約80名の中学生の団体に出会い、道を譲ったり、山頂の展望待ち、撮影のポジション待ち(下の上段写真)があって、休憩と昼食時間として2時間見込んで6時間半で終わる予定が7時間になってしまった。緻密な計画を立てたが、1日で30分程度の狂いは良しとしよう。

自然研究路コースには、随所に知識情報となる案内板が用意されている。(下の下段写真)

高天原で待機(聞けば約80名の中学生とか)
高天原で待機(聞けば約80名の中学生とか)
  山頂では記念撮影の時間待ちも・・・
  山頂では記念撮影の時間待ちも・・・

 幸いなことに絶好の登山日和で、山頂での各展望ポジションでの眺望も楽しめた。ホテルの部屋からは遥か霞ケ浦や新宿の高層ビル群は見えたが、富士山までは残念ながら見ることはできなかった。

翌日は晴れてはいるもののやや曇り気味で、前日はとてもラッキーだったと言える。折角なので大洗港まで足を延ばし、美味しい食事に舌鼓を打ち、北海道直送の新鮮なお土産を購入、さらに途中のスーパーに立ち寄り遊びながら自宅へ。それでも一般道のみで大洗から4時間で帰着。

3日目のきょうは朝から足が痛い!階段の登りはいいが下りはふくろはぎが痛くて、手摺を持たないと膝が折れ前のめりに落ちそうになる。筑波山でも甘く見てはいけないと悟らされた。

ホテルは、すぐ傍の筑波神社で結婚式を挙げ、披露宴に使われるところで料理が非常に美味しい。また館内には漆絵(左はフロントの漆絵、下の写真も館内の一部である。)が沢山あり目の保養にもなる。

静かで部屋からの眺望もよく寛げた。とりわけ月曜日であったことからお客が少ないのが良かった。highdy の旅行はできるだけ客の少ない日を狙っている。その方が落ち着いて十分なサービスが期待できるからである。

今月は、まだ群馬県ほか1件、授業のために出かけるが、日帰り温泉を1、2回楽しんだ後、月末には山口に向かうので旅行はおしまいである。




0 コメント

2017年

5月

05日

教育の所為(せい)か、それとも親の躾か?

両面テープで固定(クリックで拡大) 
両面テープで固定(クリックで拡大) 

 今日で部屋の整理も概ね終わり。

いよいよ期末試験に向けてのお勉強モードに入る。とは言っても、そんなに

必死にするわけでもなく、6月半ばをすぎないと本格的にエンジンはかからない。

それまで、千葉、栃木、群馬及び地元の埼玉と各県での授業を受けに行くほか、5月下旬の提出問題をクリアしないと受験資格が得られない。

が、元来「ながら族」(最近の若い方には死語かも知れないが・・・)である highdy は、いろいろ音を出しながら(即ち、何かを聞きつつ)勉強をする。BGMとしての音は、歌詞のないインスツルメンツが好きで、ジャンルはジャズでもラテンでもクラシックなど何でもいい。楽器の種別すら問わず、オーケストラでも何でも構わない。

会話のある放送や歌詞がある音楽だけは邪魔になる。

400円のケーブルで廃棄部品も活用できる!
400円のケーブルで廃棄部品も活用できる!

 そこで、先日分解したノートパソコンから取り出した DVD/CD ドライブを、両面テープでパソコンデスクのテーブル面に貼り付け、手元で操作できるようにした。

(右上の写真)

 最近のパソコンはユニット化が徹底しているため、デスクトップパソコンほどの自由度はないが、HDD ドライブでも、DVD ドライブでもキーボードでも、適切なケーブルさえあれば単体で機能するようになっている。(左上の写真)

 

ネット上で SATA-USB 変換ケーブルを探し、送料込み 400 円で入手し、懐かしい早速ジャズを聞きながらこれを書いている。

 突然、階下から紫陽花の呼ぶ声がする?!?

家庭菜園から戻ってくる時間にしては、いつもより数10分早い! 降りてみると、菜園仲間の男性から菖蒲を貰ったそうだ。
彼はもう20年以上のお付き合いで、「今日は菖蒲湯の日です!」と、毎年決まった日に菖蒲の花と葉を届けてくださる紫陽花の友達の旦那さんである。

「ちょっと、写真をとりたいから・・・」と、捨てる花が投げ込んであった花瓶に挿してもらった。有難いことに、ご覧のような見事な花と一緒に入浴に十分な葉が届けて頂ける。菖蒲が届いて気が付いたが、そう言えば、今日は「子供の日」(=端午の節句)である。「サンデー毎日」の highdy には、連休も節句も無縁の暦である。

近頃は歳時記の一つである五節句すら言えない人が多い。江戸時代に決められたこの五節句、由来はともかくとして、いつが節句なのか50歳前後の方でも知らない方が多い。知っている方でも桃の節句と端午(たんご)の節句くらいで、人日(じんじつ)の節句、重陽(ちょうよう)の節句は言えない方も多い。七夕(たなばた)と言えば、「祭り」と解釈する人までいる。

また、節句は「節供」(せっく)と表現されることもある。

 教育の所為(せい)か、それとも親の躾か? 
もし、親の責任なら我々世代が子供に十分教えなかったことになり、大変申し訳ない。一国民として恥ずかしいことでもありお詫びしたい。
でも、義務教育無料化どころか、高校教育無料化が叫ばれる中、この程度のことは学校でも教えているだろう。と、思うのは highdy だけかな?


0 コメント

2017年

4月

29日

パソコンデスクの模様替え旁がた・・・

 このところ書斎の不用品の整理を兼ねてアレンジメントを少しずつ変えている。昨日出かけたついでに100円ショップで棚用の部品を入手し、自作の外付けHDDやDVDドライブ、iPad を収納する棚を作った。

パソコンデスクの模様替えはビデオデッキが使いづらいので、オーディオスコープ(録音波形、レベルのチェックに使うマニア用機器)の位置替えという難作業がまだまだ続く。数ミリ単位の隙間を確保して収納しているので、ケーブルの取り回しなども結構手間がかかる。

 PCを Windows10 にアップグレードしたために、highdy の部屋からテレビが消えた! それでも2人家族なのにテレビは4台、

ビデオデッキも2台、DVD再生専用機も1台あるので少々欲張りかも知れない。ビデオデッキに至っては旅行記録を編集したときの確認用にあるようなもので、年に数回使えば多い方である。うち1台は、VHSテープ、DVD、HDDのどれも使えるタイプで、highdy の貧乏根性が災いしてなかなか処分できない。

    見てくれもそう悪くない?
    見てくれもそう悪くない?

上の写真は30分で作ったカーナビスタンドである。左が表側から見たもの、右は後ろ側からみた写真。

パソコンデスクの模様替え、旁がたカーナビのスタンドも作った。

自宅の車のカーナビは、オーディオシステムとセットになった音声制御も可能な組み込み型である。

が、別宅の highdy 専用車は、外付けのカーナビが2セット積んである。

どちらもオーディオ、テレビ、フォトプレイヤーとして使える。1台は予備で、旅行計画用や旅行中のウオーキング用として取り外しやすいようにしてある。

100円ショップには、スマホをカーナビに使うための車載用の吸盤付支持具がある。highdy は何年か前に買って、得意の用途外使用をしていた。それと棚を作った金具の残り、部屋に転がっていたアルミの端材を活用した。

   まあまあの出来栄えに満足!
   まあまあの出来栄えに満足!

 金切り鋸でアルミを切り、ヤスリで仕上げてドリルで穴を二つ空けるだけ。タップ(雌ネジを切ること)は立てない、何故なら素材がアルミなのでタッピングビス(先端がドリル状になったネジ)で少しだけ傷つけ、ステンレスボルトを使えば自動的にネジが切れる。(アルミは鉄より柔らかくステンレスは鉄より固い。)もちろん、ドリル径やボルト径の選択には、元エンジニアとしてのノウハウはある。スタンドにはクッション用スポンジを取り付け、その上に滑り留めスポンジを挟んでセットすれば、カーナビや iPad のスタンドとしても兼用できる優れものになった。30分で完成!


0 コメント

2017年

4月

22日

また、パソコンを壊すの? いいえ、・・・

このPCのHDD[は数分で抜き取れる。  
このPCのHDD[は数分で抜き取れる。  

 あれっ? また、パソコンを壊すの? と言われそうだが・・・、

      いいえ、違います! 

健康な SONY 製パソコンを分解してHDD(ハードディスク)を抜き取ったところである。先日の強制的に壊したHDD(写真左下)を利用してクローンHDDをつくっておくことにした。

先日のような経験は初めてで、原因すら未だに判らない。

 壊したPCの部品も、その余生としていろいろ有効活用してやれば、資源の有効利用にもなるだろう。

壊したPCから回収したメモリーは、液晶一体型のデスクトップに移植し、下の写真のように快適に使えるようになっている。

     パフォーマンスの比較
     パフォーマンスの比較

 ただ一つ、気に入らないのが何もしていないときのパフォーマンスグラフ(左の写真)である。

ひょっとして? Windows10のバージョンに関係があるのかも知れないが、定かではない。

現在バージョンは、1507、1511、

1607、1703と変わってきているが、highdy のものは 1511 1607 であり、怪しい波が多い下は 1511 のものである。

クリックで拡大すると判るが、今回メモリを8GBに増強した下の東芝製PCの方がCPUの能力として高い。

上はメモリも6GBしかないSONY製でCPUの能力は若干落ちる。下は定期的に何か余分なことをしているプログラムがある。マウスによっても操作性が大きく変わるがサクサク感は下の方が良い。
迂闊に削除したり、止めてしまうと、ネット接続やいろんな操作に障害が出たり、システムが不安定になるので、確かめるには根気の要る作業となる。でも、キビキビした速さには今のところ特に問題がないので気長に考えることにしよう。
一部の不要なプログラムは、どちらも同じ条件で止めてある。

 highdy の所有するデュープリケータ(クローンの作製機、右の写真)は、PC無しで作成できるごく一般的なもので、USB2.0 又は3.0 でPCと接続し外部ドライブとしても利用可能である。
コピー元とコピーされる側のHDDをセットし、電源を入れておけば、

夕食を済ませて戻ったら完成!

 最近は 3,000 円足らずで、クローン作製、各種カードの読み書き、外部ドライブ機能まで備えたものがあり、多目的に利用できる。

どうせクローンをつくるのなら、近年SSD(ソリッド・ステート・ドライブのこと)が安価になってきているので、HDDと換装されることをお薦めする。PCが劇的に早くなることは間違いない。

もちろん、十分な容量のメモリーがあれば、よりその速さが体感できる


0 コメント

2017年

4月

20日

とうとう、強制的にご臨終に!

PCの裏面には購入時のメモが・・・ 
PCの裏面には購入時のメモが・・・ 

 highdy に酷使されて7年間働き続けてくれたノートPC、感謝はしつつも、とうとう強制的にご臨終にさせた。

約1週間前にサクサクと動作する状況を友人に褒められ、彼は友人のOSを32ビットから64ビットへ、メモリーも4GBから8GBへ変更するように決断させた優秀なマシンである。

                 (各写真は、リックで拡大できる)

メモリーの取り外し・交換は超簡単!
メモリーの取り外し・交換は超簡単!

 CPU世代は core i5 で能力はそこそこ、メモリーも8GB、highdy 所有のPC(現在は10台 → 6台に減らしている)では3本指に入る優れものであった。highdyは拡張モニターも使いながら、5つも6つものアプリを同時に使用することが多い。巷では、そんなに仕事もしない(できない?)のに、10万円以上の意味のない投資をされている方も多いと聞くが、highdy の場合、低価格でも高い性能を引き出すのが特技である。

7年前にかなり安く買って7万円、最近はPCも安くなり同じ価格で同等品以上のものが買える。7年間稼働したから月に800円余りの遊び代と考えれば安いもの!(実は、一時期10台も所有していたのだが・・・!?)

実質的な使用時間としては、1日に平均10~12時間電源を入れており、連続稼働換算で数年程度だが皆様の数倍以上は過酷に働いていたことになる。

 事の起こりは、画像処理をしたファイルが保存できないことにあった。

つまり、アカウントの問題が突然に発生、自分PCなのにいかなる権限のあるオペレータでもアクセス権が無いというもの。

タスクマネージャーやトラブルシューティングのプログラムすら起動する権限もなくなり何もできない。システムの修復ディスクも受け付けない。回復ドライブも制限がかかって使用不能。新しい Windows10のディスクでインストールを試みたが、これも下記のような変なエラーが出てきてダメ!

通常 Microsoft のエラーコードは、「0x800・・・・・」と10桁のものがお馴染みのもので、何千ものエラーコードが存在するようである。

highdy がよく目にするのはせいぜい数百で、どれも覚えられないから必要に応じてその都度検索し対応をしているのが実情。

HDDは、ボード下に隠れていて苦労した!
HDDは、ボード下に隠れていて苦労した!

ところが、「0xba・・・・・・」と見慣れない10桁で、丸一日粘り強くネット上で探したがエラー内容が不明この10年間で初めて highdy にも復旧できない事態が発生した。

こうなると、もう知識の限界を超えている。この状況は経験的に、PCメーカーの上級エンジニアでもない限り、一般のサポートサービスエンジニアでは highdy の質問に答えられないのは目に見えている。すなわち、何も言わさず買い替えを薦められるのがオチである。

ハードな使い方では、PCの寿命は5,6年が相場で、そもそも、HDDやバッテリーはその程度しか持てない設計と言っていい。

   回収部品は後刻有効利用する
   回収部品は後刻有効利用する

 という訳で、HDDやメモリーなど一部の部品を取り外し、有効活用することにした。

分解は通常簡単なもので、小型のドライバ―1本で30分もあれば、ほぼ分解できる。古い機種なので少々難儀、というのも、いまどきHDDが表側から分解してキーボードを外しシステム(マザー)ボードを外した下に隠れている機種なんて! 

それでも1時間後には、液晶画面を除き元通りきれいに組み立てた。(下の写真中央) これも技術のうち? かな?


 回収部品は、次々と有効利用する。(上の写真右)

扨て、こうなると遊休資産の活用で、21インチテレビモニターと一体型のデスクトップの出番。元々Windows7 のものを Windows10 にアップグレードしたために、メーカー(東芝)の不対応によりテレビが見られなくなり、いつもは放置された悲しい存在である。(余談だが、別宅の東芝製PCもテレビが視聴不能になった。)しかも、メモリーは4GBしかなく、highdyにとっては使い物にならない。そのため、数か月以上更新作業をしていない。調べてみると約30件の Windows アップデートが未更新。さらに、セキュリティソフトや各種アプリの更新もあり、4、5日は使えないだろう。


0 コメント

2017年

3月

28日

超小型PCを併用したリモート実験

超小型PCに一般テレビをモニター代わりに使用  
超小型PCに一般テレビをモニター代わりに使用  

 highdy の山口別宅にはリモート監視カメラを用意しており、埼玉の自宅などどこからでもリモート操作が可能である。既に、市内から iPad を利用しての操作は実験済みだが、今回テレビに接続した超小型PCと別のPC2台から異なるアプリを使って計3台を同時接続してみた。

超小型コンピューターを利用した面白い実験である。

  軒下に設置した STARCAM
  軒下に設置した STARCAM

 実験に使用したのは、WiFi 接続の超小型PCと一般液晶テレビ、汎用ノートPC、リモートカメラ(STARCAM)及び有線LAN接続のノートPC。

以前にもアップしたこの超小型PCは、USB電源、WiFi 型のマウスとキーボードがあれば、HDMI 端子のあるモニー又は一般テレビで使うことができ、特に家庭用テレビのパソコン化には最適である。小さくて軽く、ボールペンほどの厚みしかないので、ワイシャツのポケットに楽に収納できる。

各画像はクリックしてみてください。

  21時を過ぎて超小型PCでモニター
  21時を過ぎて超小型PCでモニター
 暗視機能が働く夕方に汎用PCでモニター
 暗視機能が働く夕方に汎用PCでモニター

 カメラ本体も安く、LAN や 無線LAN(WiFi)環境さえあれば、PCやスマホを使ってどこでも利用できる。夜は自動的に暗視機能が働き約10m先まで監視できる。夜は自動的に暗視機能が働き約10m先まで監視できる。

WiFi 接続のキーボードとマウスは、送料込み  1,500円で購入したものである。   
WiFi 接続のキーボードとマウスは、送料込み  1,500円で購入したものである。   

現在 Windows 10 をインストールしており、 Word や Excel などはもちろん一般のパソコンと全て同じことができるが、メモリーが 2GB と少ないのが難点で、増設できないので若干操作速度が遅くプロ級の高度な画像処理には向かないものの通常の使用には全く問題はない。

 今回は超小型PCでも上手くリモート操作ができるか、否かが主目的であったが、結果は最高!

どのPCからでも操作が可能で、どれかのPCでリモート操作すると、他のPCの監視画像も同期して変わる。撮影地点をプリセット(16か所まで可能)しておくと、瞬時に移動もできる。カメラ本体も安く、LAN や 無線LAN(WiFi)環境さえあれば、PCやスマホを使ってどこでも利用できる。夜は自動的に暗視機能が働き約10m先まで監視できる。

 最近、一般家庭でも来客ペット、主婦の赤ちゃんの監視に利用されるケースが非常に多くなってきた。適当な操作用アプリさえインストールしてまえば、接続設定も簡単で特にスマホなら60秒前後で設定が完了する。

長時間無人になったペット、猫でもそうだが座敷飼いの犬の行動を観察すると面白い。キャンキャンうるさく鳴く小型犬のストレスの蓄積の様子がよく判るだろう。猫や犬が鳴いたり、悪戯をするのは淋しさとストレスによるものである。


0 コメント

2017年

3月

26日

2泊3日60時間の旅行(その2)

 3日の予定は小倉城、小倉城庭園、清張記念館門司城址門司和布刈公園下関唐戸市場火の山展望台関門トンネル人道往復、みちしお温泉である。

 小倉城には傘をさしての入城となったが、出る時には雨は止んでいた。歴史的には由緒ある城だが見所はそれほどでもない。庭園もこれまできれいな素晴らしい庭園ばかり見てきたので、全く感動に値するものではなかった。清張記念館では、松本清張の生涯と作品や自筆原稿に感動するものが多く、価値ある観光の一つになった。

 大名籠に乗ってみる紫陽花
大名籠に乗ってみる紫陽花
  天守閣から見る城内
  天守閣から見る城内
小倉城に離接する清張記念館
小倉城に離接する清張記念館

 和布刈公園内にあるパゴダ
 和布刈公園内にあるパゴダ

 門司和布刈(もじめかり)公園は、子供の頃以来の60年振りで記憶に殆ど残っておらず懐かしくもなく、水族館もいつの間にか廃止されていた。関門海峡の眺望はよいが、下関側からの方がはるかに素晴らしい。再び関門トンネルを走り下関の唐戸市場に向かう。一度は行ってみたいと思っていたところだが、一番の狙いは昼食のためであったが、大変な行列で1時間程度は待たされる感じだったので諦めた。午後1時と時間的に遅いこともあり、市場の中の開店している店は少なく加工品を買うだけになってしまった。

 昼食抜きで市場で買った練り製品の一部をかじり、火の山展望台に向かった。地元にも拘らず子供時代には行ったことがなかったので嬉しかった。ロープウエイを使わず車で登山したが大展望台は休館、しかし、屋内大駐車場や遊歩道も立派に整備されていて驚いた。山口県は何処に行っても道路が整備され、駐車場は無料の所が多いのは有難い。十分に関門海峡の眺めを堪能し、関門トンネルの人道口へ向かう。ここでも駐車料金はなし。

  関門橋は下から見た方が迫力がある
  関門橋は下から見た方が迫力がある
 関門トンネルの人道(歩けばバイクもOK)
 関門トンネルの人道(歩けばバイクもOK)

 紫陽花も青函トンネルに続いて海底トンネルを歩くのは2度目で、大いに喜ばれた。下関側と門司側の両方にエレベーターがあり、実際に歩くのは800mのみで10分で海峡を渡ることができる。私達は本来無料だが、感謝の気持ちを込めて20円入れておいた。

門司側では人道出口の近くにおでん屋さんがあり、昼食の足しに買って食べたらあまりに美味しく、土産に買い足しに行くと店を閉めるところだった。少し空いたシャッターの隙間から声をかけると、先程買った改札窓口のようなところではなく、店の中に入れてもらうことができた。

拡大すると煙が見える    
拡大すると煙が見える    

お腹も満たし、いよいよ最後の温泉「みちしお」(前出)へ。

出発が偶然にもちょうど16時で、5門ある壇ノ浦砲台の一つが時報打った瞬間!

 

ゆっくり寛いで帰宅したら午後7時、出発から60時間後である。

 

あれ~、忘れ物!

 旅の最後の朝、ホテルを出る際にデジカメがないことに気づいた。忘れた場所は、別府の砂湯。実は一眼レフの高級デジカメを砂浜に持っていくのは好ましくないので、予備に小型のデジカメを持って行き、砂湯の証拠写真を残したかったのである。取りに帰るには小倉から2時間はかかる。そこで、一刻でも早い方が回収の可能性が高いと考え、砂湯に電話をするが全く繋がらない。顧客対応が忙しく応答してもらえないようだ。そこで市の温泉課に電話して事情を説明、着払いでお願いしたところ、快く対応して下さり帰宅の翌日には厳重包装で届けられた。ただ、10枚近く撮って頂いた写真はどれも酷い手ブレで、ここにアップした1枚のみが最高出来栄え(?)があの写真である。それでも、。感謝・感謝である。


0 コメント

2017年

3月

25日

2泊3日60時間の旅行(その1)

旧門司税関の建物       
旧門司税関の建物       

 今年2回目の旅行は、2泊3日60時間の旅行を楽しんだ。

初日は、門司港の赤れんがレトロの観光、古き懐かしき明治・大正・昭和のレトロを偲ぶ観光、その後、杖立温泉~友人(小・中学校の同級生)が営む「ロッジ中津江」が予定。

 朝7時に出発、いつものドライブイン「みちしお」で貝汁を特注の朝食から。いつもは食事と温泉のセットだが2日前にも温泉に行ったばかりなので、今回は食事のみ。関門海峡は橋を渡らずトンネルを走行、普通車は150円、軽自動車は100円である。人道は歩行者は無料で渡ることができる。但し、自転車やバイクは押して歩けば渡ることはできるが片道20円。

門司港レトロ展望室(31階)から見たイベント会場
門司港レトロ展望室(31階)から見たイベント会場

 門司の観光は、天気も良く3連休とあって人出も凄かった。ラーメン王座決定戦を始め、レスリング、演奏、各種大道芸などいろんなイベントも見られた。並ぶこと待つことは嫌なのでどれも参加や投票はしなかった。

門司でいろんな由緒ある建物に出入りして楽しんだ。昼食は認定された店舗が提供する「焼きカレー」が有名だそうで食べてみたが、噂ほどでもなくいつも自宅近くで食べる焼きカレーの方が美味しいと感じた。

     関門海峡ミュージアム
     関門海峡ミュージアム
  日本でも最大級の歩行者専用のハネ橋
  日本でも最大級の歩行者専用のハネ橋

 予定していた津江温泉が再開見込みの立たない状態と、電話で日田市役所から情報をもらい杖立温泉に急遽変更した。行ってみるとそれまで1,000円弱で入浴できた日帰り温泉が、貸しバスタオルと顏拭きタオルをつけただけで1,500円に値上げになっていた。見た所思ったより良さそうな施設でもなく、価格も高く気分も冴えないので入浴はやめた。

 一路友人のロッジを目指す。山のドライブではグニャグニャの曲がり道が多く、カーナビが何度も現在地を誤認識するハプニングも起きた。道を尋ねようにも山奥では人気もが見当たらない。それでも何とか目標のすぐそばまで辿り着き電話で友人とコンタクト、出迎えを受けることができた。紫陽花と3人で夕食を食べた後は、友人が20年物の美味しいウイスキーを用意してくれていて夜中まで時を忘れて懐かしく語り合った。

     とてもきれいな鍋ケ滝
     とてもきれいな鍋ケ滝
   滝の裏も歩ける洞窟になっている
   滝の裏も歩ける洞窟になっている

 2日目は近くの阿蘇郡小国町黒渕にある鍋ヶ滝(上の写真)を案内してくれ、予定の別府に行く前に阿蘇の大観峰に行くように薦めてくれたので寄り道したが、途中で雨がパラつき始め、到着寸前に一部の壮大な眺め(左の写真)を楽しんだが到着したころにはかなり激しい雨になり残念ながら絶景を見ることはできなかった。諦めて別府市内のホテル鉄輪(かんなわ)でランチを摂り、近くの海浜砂湯に向かう。

 走行中は小雨が降ったり止んだりであったが、砂湯は初めてだが屋根があり安心して心地よく寝ていることができ、とても気持ちの良い体験をした。温まった体は、小倉のホテルについてもまだポカポカしていた。ホテルの傍にある居酒屋での酒と料理は、1日の疲れを癒すに充分なもので旅の楽しみでもある。


2 コメント

2017年

3月

02日

電気工作もまた楽し!

各写真はクリックで拡大    
各写真はクリックで拡大    

 午前10時、先程から雨が降り出した。時折物凄い春雷が鳴り響いている。

今朝は昨夜早く(23時)寝たためか、体内時計が狂ったらしく4時半に目が覚めてしまった。コーヒーを挽いて飲みながら、新しいアイディアの電気設計。

電気工作もまた楽し!」で一日のはじまりである。 

 別宅(旧実家)での電気工作はここ(第三居室)ですることにしている。第二居室は旧応接室を書斎にしたもので、主に学習や「無料パソコン教室」などパソコン作業を伴うものに限ることにした。つい先日旧ミシン室を模様替えして準備したのだが、作業途中でも放置しておけるからで便利ある。

ご覧のように冷蔵庫(左下:普段は highdy 専用車用、その上は旅行用クーラーボックス)や洗面所もあり、汚れた手もすぐ洗える。トイレもすぐ傍にある。自宅の書斎(第一居室)に比べると狭いが、小物作業には最高の快適空間である。

発電用チャージコントローラ 
発電用チャージコントローラ 

 非常用に準備した太陽光発電だが、いつもは携帯電話、隠しカメラ、予備のカーナビ充電にしか使っていない。勿体ないので、先程先日工事を終えたリモート監視用IPカメラの電源に使えるように再施工。これで埼玉から山口を無停電で監視ができる。工事をしていたら、いつも見る猫が声をかけてくれた。名札を付けているので近所の猫らしい。我が家を縄張り範囲に持っているらしく、毎日午前中は塀の上、夜は軒下の庇(ひさし)と、朝と夜の2回歩いている。

    なんと汚い!! 第三居室
    なんと汚い!! 第三居室

 写真を撮っていてふと思い出したが、肥後ナイフは、私たちの子供時代はの男の子の必携品であった。自宅には電工ナイフや小刀を多数持っているが、ここでの電気工作には小刀か肥後ナイフを使っている。

小学校1年生の時に廊下でこれを独りで投げて遊んでいたら、誰かに担任へ告げ口され取り上げられた。父兄参観日に返還され親父に叱られたが、小学校を卒業するまで使っていた。

いまや、法律も変わり迂闊にポケットへ入れて歩くこともできない。それに教師ですら肥後ナイフを知らない方が多い時代になってしまった。

私たちの子供時代は鋸付のものがあり、飛行機、潜水艦、水鉄砲やゴム銃、弓矢、木剣、竹とんぼ、竹馬、釣り竿、スキー、等々数えきれないほどの玩具は自分で作った。一部のお金持ちの息子が電動玩具を持っているのが羨ましかった。武器に関するものが多いのは、時代の背景を物語るような気がする。

相順チェッカー  
相順チェッカー  

 ついでに、作業台の上には3相交流の「相順チェッカー」が見えるが、highdy が現役時代に使っていたものである。本来電気は専門外だが仕事柄あらゆる分野の知識が必要であったこともあり、各分野の測定小物器具も数多く所有している。徐々に処分を考える年齢になってきたので、近くジモティーなどでどなたかに差し上げる予定である。多数の取得特許の中には専門外の案件も多い。それは何にでも興味を示し、すぐに首を突っ込む悪い習性を持っているからでもある。自覚症状はあるが、治らないようだ。この年になっても紫陽花や友人に笑われながら、勉強を続け試験を受けているのはその流れである。


0 コメント

2017年

2月

25日

プレミアムフライデーを楽しんでいますか?

 約20年前の話になるが、highdy がアメリカに技術の勉強に行っている頃、先方の会社では金曜日の午後からお休みであった。私たちはいつもその休みを使って周辺地域・近隣国にショッピングやを2泊3日で観光をして楽しんだことを思い出した。

連日、朝から晩までマシンガン並みの英語に疲れ、一度や二度で判らず三度聞き直したことも何度かある。技術の前に英語が聞き取れないことにも問題があった。

でも、週末の楽しみがあるから頑張ることができた。

 中小企業に8年半勤めていた頃は、週1回の休みが、大手企業に転職して土曜半ドンが加わり、数年経つと完全週休二日になった。その頃3回アメリカに勉強に

行く機会に恵まれた。

highdy の会社は、比較的早い時期にフレックス制が採用になり、10時から16時のコアタイムを除き、何時に出勤して何時に退社してもいいことになった。人は欲張りなもので、休みはいくらでも欲しい。それを有効につけるか否かは別にして・・・。

 皆さん、

 プレミアムフライデーを楽しんでいますか? 

遅ればせながら、日本でもようやくプレミアムフライデーなるものが採用され始めた。ただ、本来の目的とは若干異なり、今回は「消費の拡大」がその主な目的である感が非常にが強いのが実情。まだ殆ど普及してはおらず全企業の10%にも満たない。それも多くは大企業に限られ、しかも、労働=収入である非正規社員にとっては厳しいものである。週休2日すら実施できない企業も多い。

しかし、折角の制度だがから大いに活用して時間の有効利用をされるといいだろう。自分へのご褒美として使うのいいし、充実した心豊かな老後に備えて、趣味や知識の習得に使うのもよい。

その時間の有効利用が老後の豊かさを左右する。お金があっても、健康や精神的な不健康があってはつまらないものになる。


 現役を去った highdy にとっては、そんなものは関係なく「サンデー毎日」の日々だから何の影響もない。なのに、1日24時間では足りず、連日寝るのは午前0~1時である。自宅では8割前後は11時就寝、7時起床を心がけているが、独り暮らしの山口では全く不規則で、今朝も寝過ごした。

原因がはっきり掴めていない会員の Windows10 のサポートについて考えていたら、頭が興奮して眠れず、7時に一旦鳴った目覚ましを止め、あと5分だけ…と思っていたらいつの間にか寝込んでしまい、気がついたら8時を過ぎていた。ま、いいか、明日も休みだし・・・。


0 コメント

2017年

2月

15日

さて、これは何でしょう?

クリックで拡大       
クリックで拡大       

さて、これは何でしょう?

 

 察しのいい方はすぐにお判り頂けたと思うが、実は白菜の茎である。

白菜の茎は漬物では美味しく食べられるが、それでも葉の出た部分は筋っぽくて食べづらい。まして、鍋物では邪魔になるので10~15mm程度は捨てられてしまう。

それを水に浸けておくと、ご覧のようにきれいな若葉が出てくる。

 理論的には葉の枚数分だけ脇芽が出てくるらしいが、沢山の脇芽が出てくるうち、2~3個(最大でも5個)程度を残して他の芽は掻いてしまうとよく育つ。概ね1週間から10日で食べられる程の大きさに育つ。水は、10~15

mmの深さでよい。放置しておいても、あるいは移植しても結球はしない。

栄養が無くて可哀そうと思われる方は、砂糖をほんの僅か加えるとよい。

 育てるにあたっては、毎日水を取り替えることがポイント。何故なら空気中には数えきれない浮遊菌が存在し、そのほとんどが雑菌である。人の体では唾液、粘膜、皮膚の部分にそのような雑菌を退治する抗菌成分が含まれているが、水を張った容器ではその雑菌が繁殖してしまう。

そこで毎日無菌にするために水を取り替えるのである。(せめて2日に一度は変えたいところ)

 野菜を調理した後に、大根でも、白菜でも、人参でもこのようにして利用すると美味しく食べられる。

部屋に緑を添える効もある。

みそ汁の具などにもいいが、とろけるほどに柔らかい。なんと言ってもお薦めは生食のサラダがいい。あっさりしてとても美味しい。

この写真は我が家の完全無農薬・有機栽培のタマネギだが、スライスした後に適度に水晒しして辛味成分である硫化アリルを減らし、混ぜ合わせるとよい。

 栄養学的な見地から、白菜は、ビタミンC、カリウム、カルシウムが栄養源で食物繊維も期待できるものである。特にカリウムは茎の部分に多く含まれ、体内のナトリムの調節に重要な役割を果たし、余分な水分の排出にも貢献する。

一方、タマネギ類硫化アリルは、ニンニク、ラッキョウなどにも多く含まれ、効能として疲労回復や集中力の向上、血流の改善(血液の凝固を抑制する)といった効果が期待されている。


0 コメント

2017年

2月

14日

PCの高速化について

パフォーマンスを確認する(クリックで拡大できる) 
パフォーマンスを確認する(クリックで拡大できる) 

 最近、Windows 10が遅くて使えない!CPUが100%状態で暫く何もできない! などという相談が時々(月平均1、2件)ある。

理由は簡単、100%間違いないのは、毎日PCを使っていない方である。

使ってもほんの短時間(30分~1時間)のメールのやり取り、ブログの更新程度の方が多い。

それに、待ちきれずに、電源を入れて数分後すぐに作業を始める。更新途中なのにPCの電源を落としたり、中にはPCが思うように動かないと、好ましくない「長押し」で強制終了をされている。次回はまたゼロから……。

また、そのような方の殆どは、設定が「自動」のまま電源オプションも「バランス」のまま、ブラウザをはじめとする各種アプリの更新(確認)も全く自分ではしない方である。

 確かに、Windows 10になってから機能も

処理速度も大幅に向上した。が、1回の更新時間が長過ぎる。それに高速化するためのいろんな作業が増えている。昨年の Windows 10の大型更新「Anniversary Update」だったと思うが、5~6時間かかった。その後も1~2時間以上かかるような更新もあった。中には1日かかっても終わらなかったという話もネット上には幾つかある。

何故そんなに時間がかかるのか、それは単に更新プログラムをダウンロードしてインストールするだけではなく、PCの内部では新しくなったドライバなどの整合性、PC内の検索時間を短くするためのインデックスの収集・作成などいろんな関連作業をしているためである。それでなくても電源を入れるたびに、セキュリティソフトは毎回最優先で更新を自動チェックする。さらにもう一つ、そのような更新には、インターネット接続が必要だが、その回線速度の遅いものを使用されている方もいる。

 そうであれば、そんな自動の作業をさせなければいいじゃないか!

はい、ごもっとも、大正解!

しかし、一般ユーザーはそのような知識を持ち合わせていないので、

メーカーは自動でそれらの処理するようにシステムを構築している。

 Windows 10になってから、電源投入後2分もすれば(若干一部で動作は遅い)が使えるようになった。

highdy の場合、CPUの速度はごく普通のレベルで決して早い方ではない。メモリーは7台中3台が8GBで、一番上のグラフのPCは6GBしかない。皆様の倍以上の常駐アプリを使用(一部は遅延起動)していている。理想形であるこのグラフの状態になるためには、自動更新がないときでも最低5分前後を要する。

購入時ののまま(最近は4GBが標準)で、何もアプリを増やしていない方なら5~6分後にはなんとか問題なく使えるであろう。でも、それにはそれなりの使い方がある。

Windows 10は、Vistaや7を使っていた基本的な知識があれば誰でも難なく使え、むしろいろんな手抜きができる。が、新しいOSに従来そのままでの使い方は通用しないこともある。(その意味で、使いこなせていない方の中にはVistaや7がよかったという方も数10%は実在する。)

 highdy 唯一のデスクトップ(T社) 賢いが、メモリー4GBでは遅過ぎる。
 highdy 唯一のデスクトップ(T社) 賢いが、メモリー4GBでは遅過ぎる。

 XPの時代から多くの記事を書いているが、PCを高速化する対策はネット上に見られるように実に数多く存在する。

ただ、highdy が永遠にサポートできる訳ではないので、本人に詳しい知識がないのに裏ワザ的な設定をしてしまうと、他の誰かにサポートをお願いした際に困る。PCのプロなら時間をかければ、原因追及もできるだろうが、全く標準的なサポート手法が使えず、対策に時間と費用がかかることになる。

それに滅多にないが、何かのはずみで必要な機能がすんなり動作しないこともあり、highdy さえも、自分で設定変更したことを忘れることがたまにある。

知識が十分でない方に限り、何をいじったか、何を教わったかメモに残すことはまずいない。それらのプログラムは他のプログラムと微妙に関連性があり、安易に停止すると、その場では高速に使えても後で困ることが起こる。PC本来の機能を一部停止させ、同じ結果を得るのに別のアプリでは100倍も1000倍も早いものがあるが、一般の方は使いこなすのが大変である。

 従い、highdy の場合は壊れたものは(ハードでもソフトでも)直せるものは直すが、それ以外はできるだけ使い方で快適な操作ができるように指導している。上手に使えば、windows 10はとても作業性がよいOSである。

 

毎日無駄なテレビをつけっぱなしにする代わりに、PC電源を数時間つけっぱなしにした方がより実用的な無駄遣いでPCを快適に使用できる

 

メモリーが少なくてもネットに接続した状態(画面は複数開いていてもいい)ので、一度CPU稼働率が数10%以下になるまでの状態を作りだしてみるのがコツである。どうしてもそのようにならない場合は、どこかに設定の不具合がある。その上でメモリーを増強すれば、さらに高速に使える。
メモリー増設は、自分でやろう。数分で終わる作業料だけで5,000円以上要求される。

判らない方は気軽にお問い合わせ頂きたい。

概ね、1GBが1,000円~2,000円が目安。4GB増設なら4,000円から可能である。


0 コメント

2017年

2月

02日

外国の方(ロシア人?)からコメントが・・・

 何故? 怪しい? 分からない!

最近のことだが、highdy のブログのコメントとして、複数の外国人から書き込みがあった。内容そのものは特に問題がなく、何かの勧誘活動でもなければ、お願いごとでもない。

例えば、素晴らしい情報です。偶然にもあなたのブログを見つけ、私にとってラッキーです。後日のためにブックマークに登録させていただきました。とか、素晴らしい編集(発行)です。とても有益なものです。どうしてほかのこの分野のスペシャリスト(ここではブロガーの意)がこのよう(ブログの内容のこと)に明らか(現実的)でないのでしょう。あなたは自分の著作を続けるべきです。あなたは既に大きな読者基盤を持っていると私は確信しています。といったもので、何ら差支えのないことが書き込んである。(下の画像参照)


 ただ、英文で書かれているが、コメント者の名前をクリックしてみると、上の例ではどちらもロシア語のサイトにジャンプする。サイトも別に怪しいサイトではないようだ。どちらかというと広告的な技術説明サイトで、どちらも似たようなタイトルのサイトである。

ブログなどのSNS(Social Networking Service)においては、コメントを書いてくれた人にリプライ(返信、返答)するのがエチケット、いわゆるネチケットであるとされているので一応リプライはした。

初めは勝手な思い込みでロシア語でコメントを返しておいたが、英語で書いているのだからと、翌日英語に書き換えておいた。
コメント者はロシア人だが、ロシア語は馴染みがないからと親切に英語で書いてくれたのかも知れない。それにしても、どうして日本語の、しかも、個人の、古いブログに。偶然とは書いてあるが、別人なのか、同一人物なのかも判らない。もし、ロシア人でなければ、ロシア語のサイトにリンクさせるのも変である。どちらもコメントの文面からは、日本語が分る方らしい。

 もし、コメント者名をクリックしてアクセスしてみたい方は、念の為、ブラウザのシークレット・モードでアクセスしてください。


0 コメント

2016年

12月

14日

今度は糖度計を・・・

 先の授業では「天体観測」が面白くて天体望遠鏡を購入したが、今度は「果実の科学」が面白くて糖度計を購入した。お笑いの方もおられようが、こちらはかなり実用的にあらゆる場面で使用できる。

 大卒者 は面接授業が免除であることは前にも書いたと思うが、自分の興味のあるものは全国場所に構わず積極的に受講しており、本年最後の面接授業は静岡県三島市で受けた。

思わぬところで、思わぬ方に! 世の中は狭いもの!

 ホテルで朝食の際、4人掛けテーブルが数多くあるもののどれも誰かが使用していて「空き」がなく、見知らぬ方に「ご一緒させて頂いてもよろしいでしょうか?」と声をかけ、同席させてもらった。

ところが、大学で1人おいて右隣に座ろうとされた方と何気なく偶然に目が合い、お互いに「あっ!」と指を差し合った。(^_^);;

尋ねてみると家から20分の隣町の方であることが判った。100Km以上も離れた所で予期せずに出会うとは・・・。同じ志を持つ者同士ですっかり仲良しになって、記念写真をお願いされたり、宿泊ホテルへの帰り道もご一緒でロビーでの話にも花が咲いた。4歳だけ先輩だが既に6コース目で、そのうち一つは修士コース(大学院)も卒業されているとか。

は、まだ大学だけの4つ目でうち一つは他の大学で大学院なんぞ今のところ眼中にない。

 さらに驚いたことに今度は highdy のすぐ左隣に座られたひと回り若い素敵な女性、なんと!紫陽花の実家のすぐ近くの方で、流石に地元のことなどは詳しく、少し土地勘のある highdy と話が合う。近くの大手企業にお勤めのようだが、ネットで調べてみると地元名門校の出身で紫陽花の後輩でもある。世の中狭いもの、迂闊(うかつ)なところで身内の誉め言葉、他人の悪口は言えない。肝に銘ずべきことを再認識させられた。

 ところで授業では highdy のためになる雑学の知識が随分と再確認できた。

植物の栽培など接ぎ木、栄養繁殖、花芽形成、受精など遺伝子や植物ホルモンの働きなど、教授から学術的なデータを示しての講義で立証され多いに感激した。ミカンの試食(特に温州ミカン)では、路地栽培とマルチ栽培の品質の講義を受け、大きさと甘さの傾向も事前に学んだ上での測定・試食で、その傾向が実証される結果となった。

糖度14.6という甘さのミカンは、生まれて初めて食べた。
有難いことに毎年秋には、2人家族では食べきれないほどの柿、
キウイ、リンゴ、ミカンなどが届くが、一昨日に続いて昨日もミカンがひと箱、奇しくも前日注文した糖度計と同時に届いた。

糖度(屈折)計  画像はクリックで拡大 
糖度(屈折)計  画像はクリックで拡大 

 これからは食べ切れない果物をご近所にお裾分けする際にも、糖度計が活躍しそうだ。

糖度」と言っても、これはあくまでも目安としての参考値であることを認識すべきである。highdy の購入したものは、デジタル式ではなくアナログ式の(糖度計のオリジナル的な)「手持ち式屈折計」である。
そもそも糖度はスクロース(ショ糖)の溶液濃度を「Brix」値(%)として無単位で呼んでいるに過ぎず、厳密には各種の混合物も数値を左右する要因になっている。原理をご存知の方は容易に理解できるが、極端な話、屈折計では砂糖溶液、食塩溶液の区別はつかない。クエン酸やカリウム、窒素などが含まれても濃度が上がってしまう。
使ってみたい方は、商売に使うものでない限り安い2,000円前後のものでも十分実用的に役に立つ。デジタル式を買う無駄使いはやめよう。表示部以外に測定やメンテナンスの手間はどちらも掛からずほぼ同じである。気を付けたいのは、一般的に高濃度用と低濃度用(概ね35%程度まで)を使い分ける位である。安いものは中国製なので英文の説明書が多いが、きちんとキャリブレーション(校正)されていれば幼児でも使える。


0 コメント

2016年

11月

17日

星の爺さま 目指して・・・

 遊びに・勉強に忙しい highdy だが、最近大学で学んだ知識から天体観測に興味が湧いてきた。

そこで「星の王子さま」にはなれぬが「星の爺さま」位なら・・・と、天体望遠鏡を買ってみた。昨日届いて先ずは組み立て、今日は朝から本体とファインダースコープ(本体で目標を定める際に見つけやすくするための低倍率の望遠鏡)の視野をマッチさせる調整をした。太陽光発電パネルのあるベランダだが、モノが大きいので結構狭く感ずる。

昨夜は大変な強風だったが今日は穏やかで夜も晴れそうだ。

    いつもは広いベランダだが、結構大きいので狭く見える(クリックで拡大)
    いつもは広いベランダだが、結構大きいので狭く見える(クリックで拡大)

 天体望遠鏡と言えども価格や性能はピンからキリまであり、子供用の安いものは数千円から、天体入門用なら数万円、業務用になるとキリがない。大学の授業用に使う本格的なものは本体(一般的には「鏡筒」という)だけでも7桁の数字になる。highdy が購入したものは、入門機だがその道のプロの方がサブ機としても使う6桁に少し届かないレベルで、しっかりした三脚も一切合切すべて込み、送料無料である。

 屈折式望遠鏡で対物レンズ口径80mm、焦点距離1,000mm、接眼レンズの焦点距離は6、10、25mmと三種類あり、中学生以上ならすぐにお判りのように、倍率は40倍、100倍、167倍と変えられる。ただ、素人は簡単に騙されるが、天体望遠鏡は倍率だけで性能が決まるのものではない。

レンズにはいろいろな収差があり、色収差、球面収差、コマ収差、非点収差などがある。またレンズの明るさ(口径に大きく左右される)によっても見え方が全く変わってくる。さらに支持台についても経緯台方式と赤道儀方式があり、それぞれの特徴があって前者は簡便な使いやすさがあるが、惑星・恒星・星雲・星団・星座などを追尾するには後者の方が適している。

 ものの見事に、特注品のごとくマッチ
 ものの見事に、特注品のごとくマッチ
  改造に使ったのはこれだけ(タダ)!
  改造に使ったのはこれだけ(タダ)!

 レーザー式レベラーも大活躍
 レーザー式レベラーも大活躍

 夜空を単に見るだけではつまらない。やはり楽しんだ証しとして写真に残すのも天体観測の楽しみである。場合によってはその先、生涯見ることのできないチャンスだって数多くある。デジカメ撮影用のアダプターも買ったが、最近のレンズが飛び出す望遠型では標準のアダプタでは使えず改造用マニュアルが添付されていた。

が、何でも大切に使う highdy は古いカメラアクセサリーを分解、わざわざ誂えて製作したもののように見事に流用することができた。

 

3個が3匹に・・・

 ところで、先の大学の生物実験の結果が気になっている方もおられるようなので、結果をご披露しておく。

期待通りの結果で、「3個が3匹」になった。プラナリアは実に恐ろしい生物である。遺伝子が過去の記憶を受け継いでいたり、自分の細胞の位置情報を保存していて、新たに不足した体の一部、それも頭部まで再生してしまうのだから怖い。まだ、すべて解明されていないが遺伝子情報がすべて判り、将来他の生物改造や修復に利用される技術が確立されるととんでもない世の中になってしまう。

 左の写真は、動画からキャプチャしたものなので、動画をご覧になりたい方はご連絡頂ければ、TeamViewer で切断前と再生後をご覧いただける。

(写真はクリックで拡大できます。)

 


0 コメント

2016年

11月

08日

最近のイベントを一気に!(その2)

  メニューは美味しいが駐車場が狭くて
  メニューは美味しいが駐車場が狭くて

11月2日 昼食会

 年に数回は行く[柳川」という店だが、この半年は行っていない食事処で昼食会。昔近所のスーパーの鮮魚部に勤めていたマスターが始めた店で、魚料理はめちゃくちゃ安くて旨いのが特徴。昼間は食事処、夜は居酒屋に変身する。紫陽花と二人だから気楽な昼食会である。

11月3日 墓参り

 自宅から20分の所なので毎月の行事である。先祖は身近にないと大切にできないものであり、その考えから highdy は近くの良い環境を探した。

お線香はもちろんだが、いつも自家栽培の生花と買い置きや戴き物のお供え物が沢山あるので費用は掛からない。お経だって何もイベントのない通常の場合は、その都度自分達で読んでいる。管理人さんの顔を見たらジュースや果物・お菓子を差し上げるが、いつも霊園内にある2つの共同墓地にもお花や線香を供えて帰るので、「申し訳ありません・・・」と、逆に管理人さんからいろいろ頂くこともしばしばである。

11月5日 大学の授業

 群馬県内の大学で天文学入門に関する授業を受けた後、夜はぐんま天文台での見学・観望授業。予習の要請は何もなかったが、自主的に予備知識として望遠鏡や星座表星の等級、月と火星の最接近、スーパームーンなどについて調べた資料と、アメリカで興味半分で買っておいた星座表を持参したら、見事に「ヤマ」が的中し授業内容がスムースに理解できた。

昼間と夜の勉強でぐんま天文台が国内でもいかに優れた施設であるかもよく判った。担当教授から新しい天文観測に関するフリーソフト(個人利用の場合のみ無料)の存在を教えてもらい、夜はホテルで0時過ぎまで楽しんだ。近いうちに紫陽花を連れてもう一度行く予定である。

ちなみに、来る11月14日はウルトラスーパームーンで、来年も大きいが再来年はもっと大きい。しかし、今年はさらに大きいのである。スーパームーンとは、月の軌道が楕円形であるために、地球と月が最接近した満月に月が大きく見える現象である。

  ススキは秋の象徴
  ススキは秋の象徴
11月の星座表
11月の星座表
  授業のあった大学
  授業のあった大学

  校内のイチョウ並木
  校内のイチョウ並木
  紅葉と言えばもみじ
  紅葉と言えばもみじ
 校内のあちこちがきれい
 校内のあちこちがきれい

    熱心に説明をして下さる教授
    熱心に説明をして下さる教授

11月6日 大学授業(2日目)

 放送大学群馬学習センター(前橋市)において、望遠鏡の組み立て方や太陽の黒点観測などについて学んだ。

たまたま担当教授は、東大の出身で国立天文台で黒点観測をされているベテランであり、迫力のある熱血教授である。30名限定の講座であったが、運よく抽選に当たり仙台、新潟、奈良など遠くからの学生と一緒に楽しく学ぶことができた。授業の終わりが夕方なのでラッシュの時間帯に遭遇し、いつもなら2時間足らずの距離を約3時間かかって帰宅した。

11月7日 ハイスコアで夕食会

 先日も書いたようにボーリングを始めたばかりの紫陽花だが、ウキウキして帰ってきた。理由を尋ねてみると、彼女としてはこれまでで最高のスコアである。なんとスコア178が出たと喜んでいる。highdy の昔のレコードであるハイスコアを追い越されるのも、もはや時間の問題のようだ。

とにかく先生の指導を忠実に守っているらしく、約20名のグループの中ではずば抜けて成長が早いようである。highdy と違って、さすがに元実業団のスポーツ選手だったこともうなづける。

そんな訳でショッピング(も含めて、望遠鏡の下見?)の後は急遽祝賀の夕食会となり、5年振りに回転寿司の「くら寿司」に行ったが、2人とも食べ方を知らず「聞くは一時の恥・・・・・・」と、近くの方に尋ねる始末。毎月行く寿司屋さんに比べて味は少し劣るが会計は60%程度と安い。紫陽花の気分のいいところで、有難くご馳走になることにした。


0 コメント

2016年

11月

08日

最近のイベントを一気に!(その1)

 先月29日より忙しいけれども充実した日々が続いている。

長くなってしまうが、主なイベントを一気にまとめてアップする。

勉強も遊ぶのも忙しいが、好きなことをしている時は時間を忘れてしまう。そもそも年齢を重ねていることを忘れて没頭してしまうのもいかがなものかと自分では思うのだが・・・。

10月29日 大学で生物実験

 大学で「生物実験から学ぶヒトの体2」という授業で、細胞の基本構造をつくる生体膜(タンパク質と脂質からなる脂質二重層)に関する最新の研究情報、ES細胞iPS細胞の違い、顕微鏡で単細胞から多細胞までいろんな細胞やミズクラゲの赤ちゃんに餌をやりながの顕微鏡観察、再生力が非常に強いプラナリアの行動や切断(再生実験)など、興味深いことばかり学んで意気揚々と帰ってきた。

プラナリアは比較的身近なところに棲む、こんな下等な生物なのに、文献などで調べると全身の遺伝子に記憶まで残した状態で再生するというから驚きである。実験では残酷にも左下図のように3分割にしたが、2週間後に再生しているか否かが楽しみである。世間ではその面白さに魅かれて飼育している方も多いそうだ。

   釘を使わない匠の技
   釘を使わない匠の技

プラナリアを highdy は残酷にも図のように3分割にしておいた。

  恐ろしいほどの板金技術
  恐ろしいほどの板金技術

いろんな業種の匠の技は、どれも感心するのばかりで

みんな習得したい!


10月30日 学園祭に行く

 近くの行田市にある「ものつくり大学」の碧蓮祭(早い話が学園祭:11/29~30)に行った。

ものつくり大学の学生による校内の案内及び技術・成果の発表、埼玉県技能士会連合会や県の職業能力開発協会が主催する、いわゆる匠の技術披露の一環としての技能まつりものづくり体験教室が会場内いっぱいに広げられた恒例行事である。

ステージでの吹奏楽などの演奏、学生や業者による数多くの飲食の出店、いろんな大人も子供も遊べ、学べ、体験できる内容で、会場を3、4回廻ったが楽しい。特に大学の技術内容は実に多岐にわたり、どれも学びたいものばかり、入学説明会もやっていた。入試も社会人向けのAO入試もあり、少し頑張れば、highdy でも合格できそうだ。でも、今更就職するわけでもないし、現在の大学を休学又は退学しなければならない。学費だって大学一つ卒業するには結構必要だ。それでなくても現在4つ目なのだから、遊びにしても度が過ぎる。という訳で入学は断念することにした。野菜の即売もしていたが、キュウリやリンゴ、キャベツなど通常のスーパーの1日分が発売開始10分位で完売!それも納得、何せ結構立派な牛蒡や人参がそれぞれ3本で100円だから。

11月1日 日帰り温泉へ

 自宅から車で50分余りのサイボク温泉で毎年1~2回は行く。通称「サイボクハム」と言えば、地元で知らない人はいない。約70年前に創始者が種豚の育種改良を中心におく牧場としてスタートさせたのがその発祥である。

園内には、美味しい豚肉中心のあらゆるメニューの店が多数あり、一般食品を扱うスーパーマーケット的な店まである。それ以外にも埼玉県内のお茶や果物を扱う店もある。肉に関しては、どの生鮮品や加工品とも肉質や味が良く、晴れた日はにあちこちから買い集めた調理品メニューを屋外に用意されたテーブルで、人の流れを見ながら食事をする。つまり、中国や東南アジアのオープンレストラン風に楽しめる。近所の方は犬を連れての散歩コースで休憩をしている。当日は、温泉に入って屋外で昼食して再入館、夕食は温泉施設内で落ち着いた「花鳥風月」で夕食まで済ませて帰った。通常の日帰り温泉よりやや高めだが、休憩室や仮眠室などあらゆる設備がとても行き届いている。温泉部門に関しては、一時期レジオネラ菌発生事故で時閉館し、経営者も変わって立ち直り、施設の豪華さは少し落ちたが衛生面や癒しの面では向上・充実した施設に生まれ変わっている。


0 コメント

2016年

10月

22日

柿戦争

 毎年秋は「柿戦争」なのだ!

秋になると、田舎に親戚・知人を持つ方は、新米、リンゴ、早生のミカン、栗、柿など季節の収穫物が沢山届く。新米など保存のできるものはいいが、長期保存がしづらいものは食べ切れないからとお裾分けが回ってくる。highdy 宅に最も多く届くのが柿、食後のデザートは1日2回が柿になってしまう。

 一方で、highdy 渋柿が好きなことを知る方は、毎年大量に送ってくださる。すると、連日柿を食べつつ、送って頂いた渋柿で干し柿を作ったり、晒柿を作ったりと正に柿と格闘の「柿戦争」である。

 今年は今まで送っていただいた中では最も干し柿に適した品質とタイミングだった。比較的小さいもの約80個を晒柿に、残りの約130個は写真のように干し柿にした。干し柿は初日が最も肝心なのだが、届いた翌日が最適な日(快晴で湿度が低く50%前後)だったので、2日目はご覧のように表面がきれいに乾燥している。紫陽花と2人で必死に処理し、洗浄 → 皮むき → 紐で結束 → 殺菌 → 1本ずつ階段を駆け上がって干す これだけを合計1時間40分で完了!! 紫陽花は、柿干しだけで2,000歩も歩けたと大喜び。

階段の昇降は医学的にも、足腰の鍛錬には非常に良い運動であり、腰痛や股関節の悪い方にも向いたトレーニングでもある。

 晒柿は35度の焼酎が無かったので、同じ度数の果実用ブランディーを使った。こちらも今年のものは品質が最適の状態だったので、とても美味しいものができるだろう。干し柿は天候が良ければ4、5日で食べられる。この時期のものは喉が痛くなるくらい甘いが、我が家では、もう少し乾燥して酢の物に使うなど1年かけて食べる。

 冷凍保存の得意な紫陽花は、干し柿、巨峰、食用菊(もってのほか)、自家製(家庭菜園)のトウモロコシなど各種野菜が冷凍庫を窮屈にしている。
新しいものを古くして食べないで…」と言っても、こればかりは聞き入れてもらえず、「季節外に美味しく食べるのが好き!」と言い訳をされてしまうのがオチである。


0 コメント

2016年

10月

16日

防犯カメラをテスト中

 自宅にも別宅にも防犯カメラを設置しているが、自宅に居ても別宅の庭の様子などが気になる。見たからといって何もできないが、出身地でもあり困った場合は何でも頼める親しい友人が多くいるで助かる。

 今回購入したカメラは、インターネット回線だけあれば設定も非常に簡単である。 WIFI 802.11 b/g/n に対応で、スマフォを持っている方なら、WiFi接続で数分で使用可能になる。highdはスマフォが嫌いで、ガラ携iPad の両刀使いなので有線LANでの接続だが、それでも4、5分で使用可能になる。宅内で別室から遠隔操作のテストをしているがなかなか調子がいい。

 左の写真のように、IR(遠赤外線ランプ)を搭載しており、暗くなると自動的に点灯、約10m先まで照射して撮影でき、真っ暗な夜でも鮮明な画像で撮影できる。夜間暗闇(IR作動)と明るい部分(IR不要)が混在してもモノクロとカラーを自動的に切り替えて撮影する。

動画は、連続又はプログラムにより様ざまなバリエーションによりMicro-SDカードに記録できる。動体検知機能も搭載しており、アラームの情報を送信することも可能で、無断で不審者が侵入しても報知してくれる。パソコンはもちろん、殆どの Android 搭載スマフォや iPhone 及び iPad などからも見ることができる。

 遠隔地からの双方向オーディオ通信も可能で、電話インターホンもサポートしているようだ。使用アプリでは16台までのカメラが自由にコントロールでき、撮影の範囲もパーン(水平方向)は350度、チルト(仰角方向)120度とかなり広く操作できる。動作定格電圧は、DC5±0.3V、電流も 2A 程度なので先に設置した太陽光発電を使った無料の電力で十分賄える。

 アプリのモニタ画面で任意の何処でもクリックすれば、リモート操作用スイッチが現れる。

highdy が誰かに ID とパスワードを公開すれば、世界中のどこからでも誰でもリモート操作できる。機密性が高く、操作しやすいのが特長である。上述の録画の他に気になる画面があった場合、その場でキャプチャ

して残すこともできる。

玄関の軒下に設置を考えているが、「無断で無花果を盗らないでください」とか、「チラシを入れないでください」と、来客に対してこのカメラから声を出したらきっと驚くだろうな!と、1月の学期末試験が終わったら早速背設置工事をするつもりである。このタイプは屋外用ではなく防水機能のないタイプなので、現在手頃な円筒ケースを探しているが、格安のものがなかなかみつからないで困っている。


0 コメント

2016年

10月

12日

和歌山旅行(最終日)

 旅行中で最もお天気が良い日(ホテルから)
 旅行中で最もお天気が良い日(ホテルから)

 最終日は帰るのみ、皮肉にもここ1週間で一番良い天気(夏日)になった。

大体これまで highdy が3~10日間の旅行中、雨に降られて困ることはまず無い。

しかし、一昨年と今年は旅行中の晴れ間が少なく、曇りも多く時々霧雨や小雨が加わる。地球上の気候が変になってきたようだ。それでも車中や食事中に激しく降っただけで、観光に影響するほどのものは殆どなくて助かった。

 レンタカーを紀伊勝浦で借りて、前の日に新宮で乗り捨てたら、例のトラブルでダウングレードしたため約8千円も安くなった。レンタカー会社よりホテルまでは 2kmあったが、無料送迎サービスがあった。暫くして「ETCカードが抜き忘れておられました」と、これもホテルまで届けて頂いた。歳をとるとこんな不注意もある。いつも日本レンタカーを使うのだが、場所により乗り捨てできないこともあるようで今回は急遽トヨタレンタカーに変更した。

 前日の夕食は店の候補が多くて迷った挙句、近場でということになりホテルの真ん前の居酒屋でまたまた美味しいものを沢山食べた。ところが帰ろうとしたらスコールのような激しい大雨、でも通りを約8m走ればホテルのアプローチの屋根で大正解であった。

 往路の紀伊勝浦までの特急列車では、車内販売がなく昼食を食べ損ねた! 
帰路は、予め新宮駅で自動販売機の焼きおにぎりや焼きそばなどを買い込んで乗ることにした。デイリーのパンやおにぎりすらも、10時にならないと届かないという田舎町には困ったものだ。それでも約40年前に訪れた時の面影は残さないほど発展していた。

 列車を待っている間に、乗客が食べているファーストフーズをトンビが狙い盗りする騒ぎがあった。盗り損ねてホームに落としたものの、乗客がゴミ箱に片づけた後も、まだ架線の上から狙っている。トンビを身近で見たのは初めてだったが、石でも投げてやりたい気がした。

 highdy グループは、出発前にボックス状態に4人席を予約していたが、通路の反対側には50歳前後の明らかに夫婦とは思えない外人カップルがいた。英語で話しかけたらスペインから来たという。紫陽花が自己紹介をしながら女性にミカンを渡すと「大変美味しい」と喜んでくれ、暫く2人で片言のスペイン語で話し合った。飛騨高山の日傘を持っていたので笑ってしまったが、日本各地を旅行しているらしく、日本は「とても美しい国」だと誉めてくれた。


彼らも名古屋経由で東京に向かっていると話してくれた。旅行中には英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、スペイン語、中国語、韓国語など世界の各国語を耳にした。どれも一度は口にした言葉だが、挨拶はできても今は殆ど忘れて次が出て来ない。他にも耳慣れた感じの言語があり、顏や体型からベトナムかタイのようだがよく判らない。インドネシア語やマレーシア語はよく似ていて多少の馴染みはあるが区別はできない。

知識は使わないとすぐに役に立たなくなるものだ。

 東京駅にて接続を待つ(ここからは1時間だ)
 東京駅にて接続を待つ(ここからは1時間だ)

 外人カップルや義弟夫婦と名古屋で別れて「のぞみ」に。車窓からの富士山もきれいで、旅はあっと言う間に終わってしまった。

旅の楽しみは待つ間は長いが、すぐに終わってしまう。

人の人生は、僅か何万時間で終わってしまうのだから大切に生きないといけない。


0 コメント

2016年

10月

10日

和歌山旅行(4日目)

 4日目も前日の負債を抱えての出発となり、8時半のチェックアウトである。何処でも、highdy グループより早い8時に行動開始の観光客は多いようだ。予定は壇上伽藍・奥の院熊野本宮大社熊野速玉大社新宮城址である。

第一番の訪問先である壇上伽藍では全く雨の気配はなかったが、その後は時折霧雨・小雨がパラつくお天気であったが、車で走行中に限り激しくふることが数回あった。壇上伽藍では、どこかの宗教団体かあるいは門徒か檀家の集団か、お坊さんがガイド役を勤めつつ読経を先導しておられた。境内はお参りところも多く、賽銭も結構必要になる。毎年大晦日にテレビで見る白い鐘楼も本物を見ることができた。
(下のスライドは、拡大して見ることもできます。)


 高野山には大きな無料駐車場が三つもあるが、それは街自身が潤っていることを物語っている。明治以前までは800を超えていた寺院も、廃藩置県後

諸国大名の檀縁関係にあった所領や山林が国に没収され、現在の数は120足らず、うち宿坊を営む寺院は約50になっている。

一の橋から中の橋を通って、弘法大師がお眠りになる奥の院までの複数の道の両脇には、歴史上の有名人物・団体の墓所が多数存在する。これらの墓地は各寺院が所有しており、いずれも古い寺院との檀縁関係から存在するものらしい。入口近くには有名企業関連のものも多いが、個人でも空き地があればお願いできるらしい。

 

御廟の橋から先は、脱帽、撮影禁止で肝心なところは撮影できない。

 前日も一般ドライバーには決してやさしくない山越えの道であったが、高野山から熊野本宮へ行く道はさらに面倒で、箱根の旧道並みである。highdy はこのような高度のドライブテクニックを要する道を最も得意としており、オートマチック車でありながらマニュアル車同様にギヤチェンジをし、カーブを曲がり、ブレーキは殆ど使わず、険しい登り下りをする。それでもクラッチが無いので、高度なダブルクラッチも不要だし足は楽である。

 途中、紫陽花が「谷瀬の吊り橋」を見つけて立ち寄ることに。英国TripAdvisorhighdyもメンバーの1人)の吊り橋ランキングにも出てくるほどで、昨年まで三島のスカイウオークができる前は日本一の木製の人道吊り橋であった。highdy は重いので、板の両端は止めてはあるがメリメリ、バキバキといまにも割れそう! 歩行板の両側にネットはあるが、板の下には無いので落ちたら命はまずな! 列車と反対で中央部は特に揺れる。首から一眼レフカメラをぶら下げていたら、揺れ方向が同期することもあり余計にフラつく。帰りは傘とカメラを両手に持って歩いた。高所恐怖症の方には渡れない。 (下の3枚は、吊り橋関連)


熊野本宮大社では霧雨だった。何処へ行っても石段だが、連日足のトレーニング (?)、老化防止に効果があるかも?

(右のスライドは、拡大してご覧頂けます。)


 いよいよ熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)と熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)を主祭神とする熊野速玉大社である。相変わらずの石段であるが、心配していた雨も

新宮城址では晴れて気温も上がり、最高の観光条件となった。城は川など自然の地形を活かした素晴らしい立地条件にあったようだ。城址からの眺めも良いということは、敵の動きもよく掴めたということになる。

(左下は熊野速玉大社、右下は新宮城址 それぞれ拡大可能



0 コメント

2016年

10月

10日

和歌山旅行(3日目)

  紀三井寺の山門
  紀三井寺の山門

 旅行の中日となる3日目も、欲張りの強行なスケジュールである。

前日パスした紀三井寺(西国三十三国所の第2番札所の観音霊場、第1番は那智山の青岸渡寺)と、不老橋(紀州藩10代藩主であった徳川治宝の命により完成したアーチ型の石橋)が本来の予定とは別に増える。初めの予定は紀伊東照宮紅葉渓(もみじだに)公園和歌山城根来(ねごろ)、真田父子が過ごした真田庵、九度山周辺を見て高野山の金剛峰寺壇上伽藍を観て、お泊りは宿坊福智院」であった。

  朝から素晴らしく良い天気で真夏日に近い状態である。工程の遅れを取り戻すため8時にはチェックアウト、天候の悪さなどで前日の予定を変えて大正解であった。観光地の駐車場に一番乗り、早朝で人影は殆どない。千二百年来の紀三井寺の名の由来ともなった三井水は、今も絶えることなく湧き出しており、この由緒ある三井水は、吉祥水・清浄水・楊柳水として、環境庁が発表した「名水百選」に選ばれているほどである。

 境内の納骨堂にある高さ11mを超える日本最大の木造千手十一面観世音菩薩は、新しいこともあり総漆金箔張仕上げには目を見張るものがある。

 早朝の参道
 早朝の参道
長い石段を登る
長い石段を登る
 石垣も凄い
 石垣も凄い
 実はトイレ
 実はトイレ
 やっと本堂へ
 やっと本堂へ

菩薩のお顔付近にある展望台から和歌山市内を望む景色は最高、なんと眺めのよいことか!

 不老橋は、当時片男波松原にあった東照宮御旅所の移築に際して紀州藩10代藩主であった徳川治宝の命により完成した江戸時代には珍しいアーチ型の石橋であった。

 東照宮はどこも似たようなものだが、共通しているのは派手な権現造り、甚五郎の彫刻、長い急な石段であろう。老齢化して健脚でない方はそう気軽に参拝はできないだろう。健脚の highdy グループは、一般参拝者の1.5倍くらいの速さで登り降りする。

 観音様のお顔
 観音様のお顔
  不老橋
  不老橋
 まだまだ続く
 まだまだ続く
 やっと到着!
 やっと到着!
   和歌山城
   和歌山城
城からの眺めもよし
城からの眺めもよし

 紅葉渓(もみじだに)公園は、紀州藩祖徳川頼宣が造営したとされる江戸初期の庭園で、自然の起伏を巧みに利用した城内北側の西の丸庭園であったようだが、季節的にまだ紅葉は色づき始めた程度であった。

和歌山城内に入ると、相変わらず中国人グループが騒いでいた。中国語が思い出せなかったので、英語で「写真をお撮りしましょか?」と話しかけてみると、個人的にはとても礼儀正しいきれいな英語の対応で、それなりの立派な教育レベルを持つ人らしいと判断できた。

    思ったより見どころが多い
    思ったより見どころが多い

 根来寺は思ったより立派なお寺で、忍者から想像していた過去の知識とは違うことが解った。 根来塗は、古くは根来寺の僧徒が制作していた簡潔で機能的な形に特色があり,実用に耐えるように工夫された漆塗りの仏具や日常の食器類である。飛騨の春慶塗とはひと味違った趣がある。一方で、忍者も仕事がないときは食えないので、内職的にいろんな仕事をして暮らしていたと推察される。(下は根来寺の一部)

 ここも石段が多い
 ここも石段が多い
   大傳法堂
   大傳法堂
  国宝の大塔
  国宝の大塔
   光明殿
   光明殿

町中は車でサラッと廻った    
町中は車でサラッと廻った    

 さて、順調に進んでいた工程だが真田庵のすぐ近くに道の駅があり、15分予定より早く着いたので女性2人が覗いてみたいと要望、OKを出したのが失敗。さすがに和歌山で初日のホテルでマグロやジュースがメチャメチャ美味しかったが、ここではミカンと柿が凄く安い、やはり本場である。だが、女性群はまたしても土産物をあさり始め、柿羊羹やミカンの加工品を買い占め(?)ている。そんなわけで、またしても高野山では金剛峰寺のみとなり、日暮れにより壇上伽藍は翌日廻しになった。

 真田庵(左に真田正昌幸の墓所もある)
 真田庵(左に真田正昌幸の墓所もある)
       昌幸公のお墓
       昌幸公のお墓

静かな佇まいの中に金剛峰寺
静かな佇まいの中に金剛峰寺
夕暮れで観光客は殆どいない
夕暮れで観光客は殆どいない
 別の参道には灯りが点いた
 別の参道には灯りが点いた

    夕食前に宿坊の近くをお散歩
    夕食前に宿坊の近くをお散歩

宿坊「福智院」は、高野山でも天然唯一温泉のあり、且つ最大の宿坊で200名泊まれるそうである。二種類の温泉と三つの庭園を楽しむことができる。畳の温泉というのも日本各地にあるが、ここのものは詳しく見ると、どうやら簀(すの子の上にビニール製の(ちゃんと縁もある)畳を敷いたものであった。

宿坊だから当然精進料理である。酒やビールは飲むことはできるが、メニューはオール大豆加工品、生湯葉、豆腐、がんもどき、油揚げ、海藻と大豆の煮物など、卵や肉・魚など生臭いものは一切なし。野菜も高いので殆どなし。かなり苦労の様子がうかがえるが、何日も耐えることはできない。若い修行僧やボランティアの若い女性従業員などは外泊時に肉や魚を食べているそうだ。    (宿坊関連写真は下のフォトギャラリーで)

 このスライドは拡大して見ることもできます。)


0 コメント

2016年

10月

08日

和歌山旅行(2日目)

 各写真はクリック(2回で拡大)
 各写真はクリック(2回で拡大)

 2日目の予定は、熊野古道の一部である長い石畳が美しい「大門坂」の石段を歩いて那智大社(夫須美神<ふすみのかみ>が御主神、熊野速玉大社・熊野本宮大社とともに熊野三山の一つ)へ、そして傍の青岸渡寺那智の滝、本州最南端の串本町の潮岬灯台、櫛の杭岩、紀三井寺、不老橋と廻って駅の傍のホテルであった。      (下の写真は大門坂~那智大社まで約40分)


  熊野三大社の中では最も美しいかも?
  熊野三大社の中では最も美しいかも?

  前日ゆっくり休んだので朝早くから行動開始! 8時過ぎにはチェックアウト、船に乗り観光桟橋へ、レンタカーを借り、戻って荷物を積み込み、8時45分から予定の行動へ…と、思ったのも束の間、ハプニングが起こった。

カーナビの調子が悪く。思うように動作しない。レンタカーショップに戻って担当者もチェックをするが動作不能。

急遽車種変更することになり、少しクラスを下げた普通車に。ところが既にネットで支払済み料金の精算に関して、2人の社員がそれぞれ別々の管理職と電話で交渉しているようだったがモタモタしている。

雨も降り始め、highdy も時間が勿体ないのでイラついてくる。「料金の件は乗り捨ての営業所で判るようにしておいてくれたらいいので、早く車を用意しなさいっ! 料金でもめたら私がこの会社の上層幹部と話をつけてあげるから・・・」と急かした。

やっと、代車を借りられて30遅れの行動開始。こんな時に幹部のレベルや社員の能力が判る。つまり、結論優先(顧客優先)、責任や料金の話は後回しでいいのである。仕事とはそういうものだ。人はすぐに責任を追及したがるものだが、責任より原因、原因より対策(結論)を急ぐべきである。

豊洲市場の問題も同じで、結論を急がないと困るのは市場関係者や都民でああり、都知事をはじめとする歴代の担当者・退職者の責任を追及するのは後でもよい。オリンピックも同じ、世界に迷惑をかけないこと、都民だけに負担をかけないこと。おっと、観光の話から逸れてしまったが話を戻そう。

青岸渡寺を背に那智の滝を望む    
青岸渡寺を背に那智の滝を望む    

 台風の影響もあってか雨が降ったり止んだり、一応雨具も万全に用意してある。でも殆どの歩く際は小降りで助かった。車で走行中や食事中はワイパーを高速にしても前が見えづらいほどの大雨が降った。

熊野三大社の中でも那智大社は特に美しい。元々「那智の滝」は那智山に48ある滝(那智四十八滝)の総称なのだが、そのうちの「一の滝」とされる大滝が有名になっている。雨のため足元も悪く、滝つぼの傍までは行かないことにした。

   青岸渡寺
   青岸渡寺
再び暗い坂道を下る
再び暗い坂道を下る
  那智の大滝
  那智の大滝
 雨に煙る橋杭岩
 雨に煙る橋杭岩
 三重塔内天井絵
 三重塔内天井絵
マグロ丼が美味しい
マグロ丼が美味しい
 セクシーな曼荼羅
 セクシーな曼荼羅

 旅行中に雨で少し困ったのは、橋杭岩と潮岬灯台だけである。それでも、すべて予定通り充分に観光できた。

途中から予定外のカーナビにもない高速道路も利用したが、出発時のカーナビに起因する出遅れ、高速道路のサービスエリアの買い物(女性はお土産あさりが好き?)、大雨の影響もあって日暮れが早く、紀三井寺、不老橋は翌日に繰り越すことにした。

 灯台付属の資料館
 灯台付属の資料館
 海も多少荒れ気味
 海も多少荒れ気味
 石でできた床面
 石でできた床面
  石の廻り階段
  石の廻り階段

      灯台周辺の岩・岩・岩
      灯台周辺の岩・岩・岩

 晴れるときれいな眺めも、モノクロ写真のようで雨で台無しである。

 ホテルでは夕食がなく、食事処の案内書を手に街中に出かけた。駅の傍の繁華街なので食べる所にはこと欠かない。手頃な居酒屋を見つけて、地域の特色ある美味しいものでお腹をいっぱいに満たした。男性も酒はそれほど飲まないし女性は二人とも殆ど飲まないので、夕食費用も1万数千円(4人分)でお釣りがくるほどの安上がりである。

 食事が終わってもまだ20時前、時間を持て余したので、昼間あちこちの石段の昇降で汗だくになった下着や上着をホテル内のコインランドリーで洗って時間を潰した。


0 コメント

2016年

10月

07日

和歌山旅行(初日)

 毎年恒例の秋の旅行だが、今年は例年になく9月から雨が多い季節となった。それに台風も頻発して各地に多くの被害をもたらしている。

ちょうど旅行の日程にも合わせて台風が近づいていたが、半年前からの計画でもあり、宿は2か月前から予約しているので気軽に変更するわけにもいかず予定通り強行。たまに乗るローカル特急もいいものである。

      漁港風景もいいもの
      漁港風景もいいもの
    漁港の隣に観光桟橋がある
    漁港の隣に観光桟橋がある

 初日はそれぞれの夫婦が埼玉、静岡より出発名古屋で合流、いつものように予め同じ特急列車の向かい席になるように指定席が予約してある。埼玉から紀伊勝浦まで「のぞみ」を使って乗り継いでも約7時間かかる。

 JRの紀伊勝浦駅から観光桟橋までは徒歩で7~8分、亀の甲羅を模した屋根の船に乗って約5分徒歩1分でホテル「浦島」のフロントに到着。

漁港近くの半島全体をホテルが所有し、天然の洞窟を利用した温泉ホテルで、大きく三つのエリアがあるが山頂のホテルは改装中であった。

外人客も多い中で特に中国の人が多いが、浴衣の着方、騒ぐように話す会話、特殊な歩き方ですぐに判別できる。襟をきれいに重ねることはないし、少し重ねても日本と反対、帯は乙姫様も驚く、へその下でバカでかいリボン結び。

 この日は15時過ぎからホテルでのんびり温泉三昧である。到着後しばし休息、ひと風呂浴びてから夕日を見ながらの再び休息・歓談。

温泉は4か所あるが、内風呂や洞窟内の温泉、波うち際の露天風呂とも泉質はほぼ同じで気持ちがよい。露天風呂も台風の影響を殆ど受けておらずゆったりと寛ぐことができた。温泉巡りでスタンプを集めると、チェックアウト時に粗品として入浴剤を頂いた。

    フロントのすぐ傍に桟橋
    フロントのすぐ傍に桟橋

 和歌山では何といってもマグロが名物、夕食には美味しいマグロの刺身やサンマの料理とともにビールなどを楽しんだ。食後に館内に10か所前後もある土産物店を散策していたら、紫陽花の妹夫婦ととても親しいご近所さん約10名とバッタリ遭遇、大騒ぎになった。どうやらカラオケ同好会がバス旅行で富士市からやって来たとか。その昔、highdy がアメリカへ勉強に行っていた時にも同様のことがあったが、人間は何処で誰に会うか、何が起こるか判らない。評判の悪い行動をしないように気を付けないと、世の中は狭いものである。翌日から工程に備えて、NHKの日曜連続ドラマ「真田丸」を観て早めの就寝、早(5時)起きの温泉で朝日をと決め込んだが、残念ながら曇りで見ることはできなかった。


0 コメント

2016年

9月

23日

知恵を使って金を使わず・・・

クリックで(2回で最大)    
クリックで(2回で最大)    

 またまた買ったトランスミッターである。数えてみたら自宅と別宅で合計5個もあったが、内2つはそれぞれ車専用、残りは宅内で使う実用レベルのものながらノイズ若干気になるので、学習以外に音楽には使っていない。

今回は6個目になり外国製の外国向けのもので、周波数帯が国産とは異なるが問題なく使うことができ、ノイズの問題もなく聴ける。FM受信機があれば、家の中や周辺の何処でもパソコンやオーディオ機器から出力するものは何でも聴ける。FMラジオのついたものはポケットタイプに至るまで幾つも所有しているので問題はない。

        Amazon を古くから使って、様ざまな恩恵に浴している
        Amazon を古くから使って、様ざまな恩恵に浴している
   Amazon プライム会員の特典
   Amazon プライム会員の特典

 電源に自作の太陽光発電で得たエネルギーを使うのは当然で、一般100V電源の他に各種実験用電源とともに用意したDC12V電源から分岐している。

コネクタ部には青色パイロットランプや iPhone、iPad なども充電できるUSB端子まで用意されていて便利である。

 前にも書いたが、highdyAmazon プライム会員であり、その特典を使わない手はない。しかも、学生だから一般会員の半額の会費である。あらゆるジャンルの音楽が100万曲以上も聞き放題であり、実に嬉しい限りである。いまでこそ、誰でもパソコンやスマホの映像をテレビで楽しめる機器が沢山出回っているが、highdy は何10年も昔からビデオトランスミッターを使っていた。寝たきり状態になった紫陽花の親父さんにビデオトランスミッターを使って家の周りや町の風景の実況中継をしていたが、使わない時は宅内でパソコンからテレビへ電波を飛ばして映画も見ていた。

 暖簾をくぐり玄関に入ると、そこに窓が…
 暖簾をくぐり玄関に入ると、そこに窓が…

 今日はまた新たな工夫をした。

我が家は南面から玄関を入ると、左が西側である。夏季は西陽も強い。自宅は、東西南北の陽射しや風通しを十分に考慮して highdy が設計したが、人間というものは欲深く、贅沢を好むもので、夏は涼しく、冬は暖かくと相反する状況でも快適さを求める。だから、簾を1枚かけても同じシーズンであっても、さらに位置を移動できることまで要求される。

従来のものはカーテンレールを応用して取り付けていたが、動きがいまいち

スムースでなかった。先日来から構想を練っていたが、もっと恰好よくてもっと使いやすいものを思いついたので、有り合わせの材料で作り直した。

 構造もシンプルで移動や取り外しも瞬時に行え、見栄えも悪くない。紫陽花には大変に好評であったが、自分では設計屋なのでネジの頭の形状(長い鍋ビスの在庫が無かった)気に入らない。何かのついでに100円ショップで買って来よう。

でも、普通の方はそこまで気づかないだろうが、建築屋さんなどデザインや構造が気になる人は細部に目を配るものである。その時に恥ずかしい設計はしたくない。

設計屋というものは、いかに安い費用で、丈夫で機能的に優れ、使いやすく安全性が高く、美しいものを早く作るかを基本的に要求される。

この習慣は現役をリタイヤして久しいのに、なかなか抜けきれなく妥協しづらいものである。

長年「知恵を使って金を使わず」を楽しみとし、「いたお金は他人のために使う」ことを自己満足とするのが highdy の生活姿勢である。

無料パソコン教室で有料アプリを使わないのも、原点はここにある。使わなくて済むお金は、もっと有効に他人のために使って頂きたいからだ。


0 コメント

2016年

9月

03日

植物は強い!

       クリックで拡大
       クリックで拡大

 何年も前に人生の大先輩に頂いたはからめ(葉から芽:別名ではセイロンベンケイ)だが、毎年鉢植えのまま3か月以上水ももらえず、栄養もなく放置されている。

それでも逞しく生き延びている。

帰宅時に洗面器いっぱいに水を張って帰り3か月年後に戻ってみると、何とか生き延びている。そして3か月一緒に暮らして元気になり、また放置されるの繰り返しである。

こんな状態だから、まだを咲かせたことは一度もない。

 今年の夏はとりわけ厳しかったらしく、60cm近くの背丈のもの2本に支柱を立てていたが、どちらも枯れて一方は茎が空洞になるまほど乾燥していた。残る1本は僅か5cmだけ茎に生の状態が見えたので挿し木にした。

1か月後見事に復活したが、連日30℃超える暑さに2か月経ってもまだご覧の通り(下の写真)である。おそらく、今回でご臨終であろう。

 ちょうど頂いてきたとき同じ大きなにはなったが、鉢が寂しい。

そこで、さつま芋の切れ端3cmをイタズラで傍に埋め込んでおいた。

すると、3週間ほどで、凄いことになっている。陽射しのよい昼間は出窓の外に葉を向け、曇りや夜は水平にして休んでいる。植物と強い!大変な生命力である。

 で、この話の続きを書こうと思ったら、フェリー会社から「台風のため、欠航することになりました! 土曜日で旅行会社の対応が十分にできないので直接ご案内を・・・」と、連絡が入った。

指示通りに旅行会社の予約センターに電話、解約手続きをし、全額返金当然のこと!

さ~て、どうしよう。また紫陽花に叱られることを楽しみにして、埼玉まで

1,000km余り、ひと走りするかな。ただいま思案中。


0 コメント

2016年

8月

31日

金糸ウリの中にもやしが!

各写真はクリックで拡大できる   
各写真はクリックで拡大できる   

 別宅滞在中には、いつも紫陽花家庭菜園で穫れた季節の野菜を差し入れしてくれる。夏場は西瓜、キュウリ、トマト、ナス、オクラ、いんげん、パプリカなど、それに頂きもので一人では食べきれない果物など実に多彩である。パプリは色がつく直前のものを収穫することにしており、丸かじりしたり、ピーマン替わりに利用している。

先ほど昼食のために、金糸ウリを茹でようと輪切りにしたら、桃太郎ならぬ「もやし」が出てきた。写真のように大き目の大豆もやしより、若干太くて短い形状である。

  2度クリックするとさらに大きくなる
  2度クリックするとさらに大きくなる

 これまでも何度か送ってもらったが、こんなのは初めてである。

受け取り後、2週間近く食卓の上に転がしておいた。

盆を過ぎてから連日室内で34~35

℃の猛暑が続いた。そのためなのか、表皮の熱気が内部まで熱伝導し、発芽適温になったものと思われる。

自然界なら種子より早い時期に表皮が先に腐敗し、それから発芽時期なって芽を出す。すなわち、植物学的に植物は長い低温期を経て一定の日長(季節よって夜の長さが変わってくる)になることで季節を感知し、適温になると発芽する。

ところが、猛暑によってそのサイクルが狂ってしまったらしい。

 金糸ウリには別名も多く、錦糸ウリとかそうめん南瓜(かぼちゃ)と一般的には呼称されている。

上のリンクにも説明があるように、正にそうめん状の繊維質の果肉が特徴で、ゴマ醤油、ゴマ味噌和(あ)えあるいは中華タレをかけるなど

いろんな食べ方ができ、なんとも言えないシャリシャリ感が夏にピッタリの涼しさを装う食べ物である。

茹で過ぎて柔らかくなると食感も味も落ちてしまうので注意が必要だ。

花は冬瓜やカボチャとそっくりで、3種並べて植えてあると十分な知識を持ち合わせない highdy には全く区別がつかない。冬瓜に比べてカボチャ同様に保存性がよいため、季節外れに味わう贅沢も楽しめる。

 ちなみに、もやし部分も一緒に茹でて試食してみたが、黄緑色が濃いものはわずかな苦みがあるものの、それ以外は一般のもやしと同じ味であった。


0 コメント

2016年

8月

27日

収穫をし忘れた!

3日収穫しないと、この有様!    
3日収穫しないと、この有様!    

 そろそろ帰宅なので昼間は忙しい。独り暮らしなので片付けや掃除も手抜きが多い。料理も毎日は手をかけたものは作らないし、洗濯だって2日に一度といった具合である。庭の草取りも3週間で一度だから、雑草も伸び放題の部分がある。

一昨日はこの夏最後の草取りをしたが、ここ3日間、無花果の収穫をしていないことにふと気が付いた。

 1週間前までは連日1~2個毎日食べていたのに、自然に飽きたのか収穫を忘れていた。昼食のデザートの買い置きがなくなって突然思い出した。

3日間も収穫しないとご覧の有様になってしまう。

市販のものと違った種類で、甘過ぎるため糖分の摂り過ぎにもなるし一度に大量には食べられない。ジャムにして持って帰ることにした。

無花果の樹は、昨年1/3程に枝を切っておいたのに、物凄い勢いで成長し、屋根の上にまで伸びている。かなり摘果しておいたが、数百個以上の実をつけている。highdy が帰宅後の残りは、いつも鳥と蟻の餌になる。

    左端に屋根の頂上が見えるが、50cm位高い
    左端に屋根の頂上が見えるが、50cm位高い

 裏の栗の木も1階の屋根の頂上を超え、2階の窓の高さまで迫ってきている。昨年も今年もメチャメチャ実をつけたが、植えてから5年位経つのに山栗のように小さく収穫したことはない。本来はかなり大きくなる種類だが、肥料を全く与えないからだろう。

困ったドクダミ草       
困ったドクダミ草       

 雑草の中で一番多いのはドクダミ草、繁殖力が旺盛で困ったものである。ご覧のように伸びすぎて自力で立てず、波を打って倒れている。

何年か前ドクダミ茶を沢山作ったが、それほど美味しいものでもないし、最近は作るのをやめている。

少し油断すると、背丈が50~60cmにもなって、他の雑草も育ちにくくしている。地下茎で増えるので、雑草よりタチが悪く始末に負えない。タンポポも同様だが、1cmでも残っていたら発芽してくる。雑草のように根こそぎ除去するのは大変難しい。

無花果の一部(1/4程度)    
無花果の一部(1/4程度)    

 炎天下のもとで、庭や車庫、外構(側溝周辺)の雑草を取り、グミ、無花果、栗の枝切りをしたら、軽トラック1杯ほどの山積みになった。別宅に着いた翌日に軽トラック半分くらいの雑草を取って干しておいたら、1か月ほどでゴミ袋3袋分くらいに減量できた。

今回は、減量できない木の枝もあり生ゴミに出すと大変な料金になる。(黙って出せばいいのだが市民ではないので良心の咎めがあり、自分で環境センターまで持参している)
毎年冬まで放置して枯れさせ、乾燥してから処分(一部は焼却)する。


0 コメント

2016年

8月

27日

Edy Viewer が使えない? 裏ワザで解決!

 楽天の Edy Viewer を買った。

Edy Viewerとは、パソコンで楽天Edy を使い、下の画像にあるようなサービスを利用するための端末装置である。

highdy が購入したものは 、いろんなPCに差し込む小型の USB タイプで、Edy の受け取りやチャージもできるとても簡便なものである。

          クリックで拡大
          クリックで拡大

 

 現役時代は、外出時の乗車料金や買い物をした際に、使った費用を正確に会社に請求しなければいけない必要性があり、Suica や Edy を 使用していた。

数多い細かい出費をいちいちメモするのも面倒だし、多忙に紛れて請求を忘れることが何10回となくあった。僅か数百円でも10回もあればバカにならないもので、数か月経過後にまとめて請求して、担当の女性に苦言を呈されることも何度かあった。

 現在は使用していないが、SONY 製のXP機には初めから Felica がついていた。しかし、最近の所有する約10台のPCには、SONY をはじめとしてどれにも Felica ポート(キーボード上のタッチパッドの1/3位大きさ)はついていない。便利さに慣れた人間は横着なもので、不便で仕方がない。

せめて、汎用する Edy だけでもという発想から、2000円足らずで買える小型のものを入手した。

取扱い説明書の URL が無効!???

 ところが、付属する取扱い説明書に記載のの URL にアクセスして、アプリをダウンロードしようとするも、なんと「not found !」でサイトそのものがない。

サイト上をあちこち検索、これかも?思しきサイトはどれも SONY の同じページに辿り着く。が、購入した製品の型番のものは見当たらない。最も近いと思われるアプリをインストールしてみたが、うんともすんとも認識しない。仕方なく SONY のサポートに電話し、USB のドライバーがパソコンが自動インストールする汎用 USB のものではないことも判明、利用可能な適正なアプリを教示してもらい、検証・確認中に携帯電話の電池切れ。担当者の名前もハッキリ憶えていない。どこのサポート窓口も接続しづらいので、

再コールも面倒、電話サポートは中止。

担当者によれば楽天のものは特殊な企業向けのものらしい。それに highdy

の感覚では、古い機種楽天向けに仕様変更したもの?のようである。

古いままの取説を入れての楽天の販売姿勢も気に入らない。

裏ワザで解決!

 やむを得ず独力で解決することに…。ドライバーもアプリは正しいものだが、サイトにアクセスすると、「対象環境でないため、Edy Viewerをご利用いただけません」と表示され何もできない。

highdy のPCは、世界中のいろんなサイトにアクセスするので、セキュリティが特に厳しい。数日に1回以上の割合でフィッシングサイト詐欺サイトに出くわす。もちろん国内のサイトでも非常に多い。殆どの方が気づいていないだけである。どうやらこの辺りに原因があることが推察され、裏ワザ公開しない!)を使って無事使えるようになった。

お薦めは…

 上記のような単機能のものは、安くていい面もあるが、それよりも汎用性のある本家の Felica の方がお薦めである。

余談

 現在毎日100件知らないところから迷惑メールが届く。多いときは1社から100件、計数百件の迷惑メールが届くが、自動振り分けにより全く実害はない。理由はかなり昔にアクセスしたサイトからアドレスが漏れ、それを販売する業者から拡散したものであろう。

だから、無料パソコン教室のメールアドレスも常用のものとは変えてある。

そこに届いたメールはフィルターにかけ、常用のアドレスに転送している

ネット上で本名を使わないようにしているのも、被害防止のためである。これらは、ネット上の有名税?として諦めることにしている。


0 コメント

2016年

8月

20日

またまたソーラー発電を・・・

 ここ3日間、パソコンばかり触っていたが、今日は時間に余裕ができたので、予てより準備していたソーラー発電の工事に取り掛かることにした。工事と言える程でもなく、別宅のものは30分か 40分で終わる簡単なものである。

昨年の8月には別宅滞在中に台風の影響でさんざんな目に遭ったことから、自宅の設備は去年9月に1期工事を、10月に2期工事を済ませた。

 しかし、別宅の方には設備していなかったので、以前より準備を進めていた。

何せ連日室内で34~35℃の猛暑日が続き外作業はしたくない。

帰宅の日が迫ってきて準備もあるし、旅行計画も中断のままである。いよいよ意を決して暑くても着工することにした。

自宅では、100Vで400Wまで使えるが、

こちらでは、パソコンが半日以上使えて

少しの照明とWiFi端末や携帯電話の充電ができれば十分である。パソコンは45Wだし、常用で120Wもあればいい。

 ソーラーパネルは100W用、単結晶の高級品、将来自宅のさらなる増設用にも使えるように同じタイプにした。充電コントローラーの出力も17モードもある。

 100Vに変換するインバーターは、車のものを利用する予定であったが、冷蔵庫やパソコンを使うことも多く、着脱が面倒なので新しく購入することにし、お昼に注文したら午後7時半に届いた。

さすがに Amazon だ、 山口県のようなローカルにもどうやら拠点があるらしい。プライム対象商品ではなく関東地方は送料無料となっていたので送料を覚悟していたら、登録住所が自宅になっているためか、いつも別宅で頼んでも無料で送ってくる。楽天やヤフーなど他のサイトを利用すると、こうはいかない。しかも、highdy は、学生だから一般会員の半額で年額 1900円だから嬉しい。

しかも、疑似正弦波ではなく完全な正弦波なので、パソコンやオシロスコープなどの精密機器にも対応可能である。また、USB 出力、100V出力がそれぞれ2個、DC12V出力も1個ある。

 現在バッテリーは、古い車から取り外した廃棄用のものを使用しているが、右のような UPS 用のものを本日発注した。4、5

日後に届く予定である。

現役時代の当時、東南アジアや南米では停電が多く、UPS が大活躍したものである。

一番上の写真は、過放電してしまったバッテリーから給電されているが、半日でかなり充電・復活したようだ。同写真の左側が黒いのは、夜なので真っ暗である。ソーラーパネルは軒下に立てかけてあるが帰るまでに、支持脚を製作して台風に備えておく予定である。

できれば既に購入してあるインタネット回線を利用した遠隔操作カメラで、時々庭の様子も見られるにようにしようと思ってはいるのだが・・・。

実は注文時に送り先の変更を忘れて、自宅に届いてしまった!


0 コメント

2016年

8月

14日

広告を出してみた

クリックでリンクに飛びます    
クリックでリンクに飛びます    

 忙しいとは言いながら、夜はまだ余裕がある。そこで無料パソコン教室の広告を出してみた。

もちろん highdy のこと誰でも無料で出せる広告である。

                  クリックで拡大  
                  クリックで拡大  

 ご覧のように、無料に魅かれてか、閲覧者が結構多い。地方版でこの程度だからこの程度だから全国版だともっといけるかも?

ただ、このサイトは直接取引が原則のフリーマーケットのようなもので、全国版に掲載というわけにはいかない。案外地方の読者も多いようで、思ったより閲覧者数は伸びる。品物の場合は、手渡しでなくても出品者が了解すれば、送料を負担すれば遠方でも送ってもらえるシステムになっている。

highdy の広告のようなものは、閲覧者がその掲載地域を見てくれないと、目にとまらない。

 広告を出して、閲覧者の40~50人に一人は問い合わせが来る。

しかし、そのうちの半分は資格制限外の方なので、ネット上の適切なサイトを紹介し丁重にお断りしている。事実、ネット上で解決できないものは殆どない程度に、有益な情報が氾濫している。検索能力が十分でないために、自分の欲しい情報がすぐに見つからないだけである。
適切なキーワードを使えば、AND や OR などの条件式を使わなくても簡単に見つけることができる。その辺りは若干の経験も必要であろう。
highdy交流のあった方のご紹介の場合は、受講資格制限や定員に拘らず

ほぼ100%受講可能なので、ご遠慮なく紹介して頂いて差支えはない。

但し、申し訳ないが資格制限外の方のメールだけのサポートはできる限りお断りしている。それは非常に時間を浪費するからである。


0 コメント

2016年

8月

01日

ヤル気と勇気

 WordExcel は問題なくできるのだが、どうもPCのことがよく分からなくって…という方が結構多い。それは一つはインターネットの使い方、もっと具体的に言うなら、「ブラウザ」そのものの使い方がいま一つ分かっていないからである。

そういう方は、自分ではインターネットを使いこなせていると思っている人が97~8%以上だろう。他人のブログを読んだり、買い物もしている、ネット上の銀行も使いこなせている、中には自分でもブログを書いている人すらいる。

「でも、困ることが…」という人は、解る人に聞けばいい。ところが、そういう人に限って困っている内容を上手く伝えられない。オマケにいまさらこんなことを尋ねられないという気持ちが先に働いて、聞く勇気が出ないものである。

誰でも初めからすべて解っている人などいない。「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の損」と言われるように勇気を出して聞けばいい。

何事もチャレンジと知識を得るには、ヤル気と勇気が必要である。覚える気やヤル気のない人にいくら教えても本人の身にはつかない。

highdy はものを捨てる際にには、必ず分解して構造を調べてから捨てる習慣にしている。これもヤル気の一つである。単なる興味もあるが、実は意外に知識が身につくものである。 

   多くは部品どりをして活用する
   多くは部品どりをして活用する

 「パソコンで困ったことが…」という場合に、殆どはネット検索でで解決できる。とは言え、PCそのものが起動できない、あるいはインタネットに繋がらない場合は解決できない。そんな時に備えて、highdy は、1~2万円の中古でいいから、PCを2台持つことを勧めている。

現在、highdy がサポートしている方々の中に(若くない、失礼!)大学生が4名おられる。通常の使用では殆ど困らない方々のようであるが、中にはトラブルが発生して知人にお願いしたら、大切なデータをすべて失う羽目になった人もおられる。highdy なら無料で復旧できるし、そうでない人でも少し知識があれば簡単にデータの保護ができる。

 最近のPCは、余程のことがない限り、システムそのものはPCの中にバックアップが保存されていて、起動さえできれば購入時の状態には復旧ができる。但し、その場合大切なデータまでは復旧できないので、大切なものはシステムが保存されていないドライブや外部メディアにバックアップを残すようにしておくとよい。

自分で復旧に自信のない方は、復旧する前にデータの保護についてよく解っている方に尋ねてから実行した方がよい。

PC修理やデータ復旧について、街の一般の電気屋さん、PCショップなどでは、滅茶苦茶高いメンテナンス料を請求されることがあるので注意が必要である。簡単な作業なのに安くできないのは、彼らの商売のネタ(ノウ・ハウ)だから素人には仕方のないことである。


0 コメント

2016年

7月

04日

大活躍のオーブンペーパー

 大学の期末試験勉強の合間に、ちょっと10分間余りの休憩!!

何でもフルに利用法を考えるのが好きな用途外使用の自称名人 highdy が最近ハマっているのが「オーブンペーパー」の利用法である。

 我が家には遠赤外線の電気オーブンがあるが、最近はこれを使って餅を焼いたり焼き魚を調理する。もちろん、本来のケーキやパンもこれを使って焼くのはどこのご家庭でも同じだが、魚はガスオーブンで焼かれるのが普通であろう。餅も気を付けないと網にくっついてしまうので、テフロンのフライパンを使われる方が多いだろう。

魚の場合もフライパンという手はあり、別宅滞在中の highdy も以前は掃除の手抜きのためによく利用していた。が、highdy の助言で紫陽花に薦めたところ、大いに感謝された。オーブンペーパーを利用して魚を遠赤外線オーブンで焼くと、内部までしっかり熱が通り適度な焦げ目もでき、美味しく焼ける。その上掃除は紙を捨てるだけで、網の掃除も不要なので後始末がとてもラクである。

 カボチャやナス、玉ねぎを焼いて、焼き肉のタレをかけて食べても美味しい。さつま芋の場合もスライスして塩をかけて食べてもよい。

要は、解凍さえしてあれば、餅も魚も実にうまく焼ける。元々油を使わないでコロッケやフライを揚げる(焼く)ために買ったオーブンだが、思わぬ利用法が増えた。

 先月は40分もかかるケーキも数回焼いたし、魚、餅、パン、野菜など随分電気オーブンを使ったので電気代が心配であった。でも、いつもに比べて800円近く増えただけ、これなら洗浄の時間や手間を考えればこちらの方がいいと思われる。

紫陽花の母親が生前、「便利はお金がかかるよ~!」と言われていたのを思い出したが、現代人の考え方も変わってきた世の中、必要に応じて台所仕事を楽にするのもアイディア次第だと思う。


0 コメント

2016年

6月

30日

叱られて、フェリーを選択、山口に向かう

  4月の初めに山口から埼玉まで15時間かけて1,000km余りを車で帰宅した。

夕方の帰宅ラッシュ時間を避けるため早朝4時に出発、休息時間を含めて10数時間で

走る予定であった。しかし、実際には雨の影響と途中での工事渋滞で約1時間浪費したことで15時間もかかってしまった。

お天気男にしては珍しく雨の被害に遭った。紫陽花からは「いい歳をして、心配だからやめてください!」と、叱られてしまった!(心配してくれて有り難いのだが・・・。)

 

 というわけで「フェリーの利用も考えたらどう?」と諭され、探したが東京から山口近辺に向かうものは殆どなく、四国(徳島)経由九州(北九州)

行きフェリーしか見当たらず徳島を選択した。徳島からだと休息なしで5時間でとても楽に走れる。

 自宅からは Google マップで有明埠頭(オーシャン東九フェリー乗り場)まで渋滞なしで1時間50分位でいけそうなので、ラッシュ渋滞を見込んで3時間を予定、15時に出発、食事を含めて1時間半の余裕のつもりが2時間半になってしまった。

6月28日東京19:30出港、徳島に翌日の13:20到着で、天気予報では2日間雨のようであったが、乗船時に霧雨が少々、乗船中は殆ど雨も降らず、波も静かでのんびりとした船旅になった。

徳島市内ででPCサポートをしている方と遅い昼食をすることを約束、食事中は土砂降りだったが、その後は時折霧雨が降ったり止んだりする程度で殆どは曇り状態、夕食と休息を挟んで6時間で快適な走行ができた。お土産に完全無農薬の玉ねぎとジャガイモを持って行ったら、特産物の高糖度の「鳴門金時」と夏に最適のカリウムたっぷりの「すだち」を沢山頂いた。

有明埠頭の乗船待合室からはフェリーに多数のコンテナーを積み込んでいる状態を見ることができた。(下の動画)

乗った船は昨年暮れから就航している新造船で素晴らしいフェリーである。

  各画像は2回クリック、ビデオは□をクリックするとさらに大きくなります。



 今朝(6月30日)は朝から持参したトマト、きゅうり、ナス、オクラの苗を移植、紫陽花、みつば、雑草などが1~1.5mほどになって廃墟のようになっている庭を3分の1程度整理したら、軽トラック半分以上もある雑草の山ができた。まだまだ試験勉強はできそうにない。

雨上がりで泥まみれ、汗だくになったのでシャワーを浴びて昼食は友人の食堂に行くと、電気屋さんに行ったが思うようにならないとのことでPCを見て欲しいと頼まれ、約30分間で設定変更と新しい便利な使い方指導をするハメになった。

大手家電でも情けない話だが、お客さんの希望通りに設定・メンテナンスできない社員は多いものである。基礎知識が不足しているから、応用技術が身についていないのである。お陰で大いに喜ばれた上、コーヒーのタダ飲みの恩恵にあずかることができた。


0 コメント

2016年

6月

25日

無料で学ぶ!

  highdy のパソコン教室が無料であるのは皆様ご存知の通りで、教材もアプリもすべて無料である。

そのため、極めて限定した方々のみを対象とさせてもらっている。ただ、信頼のおける知人の知人までは無料扱いである。

 世の中には学ぶ意欲さえあれば、無料や格安で学べるWebサイトや施設はいくらでもある。

有名大学でも夜間制や通信教育課程の学校が昔から沢山あるが、最近では日本福祉大学など福祉関連やサイバー大学などIT関連といった産業に特化した放送大学が数多くあり、PC、iPad、スマホを利用して学ぶことができる。

真面目に勉強をすれば、これらの大学でも学士はもちろんのこと、マスター(修士)やドクター(博士)号だって取れる。

そこで、今回は highdy も利用させてもらっている無料サイトをご紹介させていただくことにする。

 


 

 一つは、「世界で最高の大学講義を無料で日本語で学ぼう」というもので、「Asuka Academy」というサイト。

もう一つは、日本e-Learning大賞も受賞している「英作文専門の英語学習サイト」の「Furitful English」というサイト。

 前者は非常に難解な学問を分かりやすく解説するとともに、英文の翻訳には高校生などのボランティアが参加して無料化を実現している。また、英文と日本語を比較しながら耳と目から吸収することもできるシステムである。

そうは言っても、英語が全く苦手では折角の知識もモノにすることもできない。そのような場合に役立つのが後者のサイト。中学から大学まで10年近く学んでも役に立たないのが日本の英語教育である。とにかく実践で使える生きた英語を徹底的に学ぶことができるサイトである。

 highdy も毎日6問(但し、半分は復習問題)で連日3問の新題に挑戦しているのだが、仕事で使っていた英語とは異なり、全問不正解になることのは度々。

現実的には(相手が善意に解釈してくれるので)会話の前後のシチュエーションから通じることはできる。つまり、間違ってはいないが実用的でないものが非常に多い。

でも、ネイティブから見れば常識外れや赤恥ものの表現であったり、普通に使われる正しい英語ではないものを平気で使っている素人の浅ましさがある。

大学の試験勉強もあり、旅行もしたい、無料テストの800問もいつまで続くか判らないが、知らないよりマシだと続けてはいるのだが…。

右のような問題に挑戦後、その解答を見ると、音声表現とともに丁寧な解説や例文などをみることができる。

眼からウロコ!、学校の授業がいかにいい加減であったか! 思い知らされる。

例えば、こんな問題が出る
英作文 Q565.pdf
PDFファイル 764.1 KB
いろんな答え方や解説が示される
英作文 A565.pdf
PDFファイル 668.4 KB

 何を学ぶにも年齢は関係なく若い方がよい。30代40代のうちに知識を身につけておけば、数十年以上経ってから老後が豊かに楽しくなることは間違いない。50歳60歳になってからでも、遅くはない。

 

 

欲深いほど幸せは遠のくものだが、小さな満足、豊かさ、楽しさ、嬉しさが沢山あるほど大きな幸せになるものである。


0 コメント

2016年

6月

03日

やっと、ひと段落!

写真はどれもクリックで拡大
写真はどれもクリックで拡大

 山口から帰って約1カ月ずっと忙しい日々が続いた。その間、腰、足、歯と体のあちこち悪くしたり、大学の物理や生物の実験授業を受けたり、

PCの出前サポート、メールやリモートでのサポート、各種の旅行計画、昼食会、ショッピング、そして今日までは宿題の論文作成など、忙しい毎日が続きやっと、今日でひと段落!

いつもなら2か所位は旅行をしているのに、この4月も5月も珍しく何処にも行っていない。一番の原因は、腰と足かな?

歯は若干痛みは残るものの、他は問題ないところまで治った。やはり、健康第一、体に悪いところがあるとすべての予定が狂ってしまう。

 いきなり訳の判らない写真(右上)が出ているが、玉ねぎの細胞分裂状況を解剖顕微鏡で観察し、接眼部からデジカメで覗きこんだところ。

先週は、ニワトリの受精卵の胚盤葉(左下写真)を見たり、受精3日目胚の様子を詳しく観察(右下写真)と生物に関する興味深い勉強をした。


 久々に光学顕微鏡や解剖顕微鏡を使っての実験で楽しかった。受精して3日目には、もう心臓など体の各部ができかかっているのには驚きである。人間に比べると7~8倍も早いことになる。

生きている卵黄から胚(ヒヨコになる部分)を切り離し、

(当然殺してしまうことになるが…)さらにその詳細(左)を詳しく観察するのである。

 たまたま偶然だが、先々週の土日は「光をあやつる」授業で、望遠鏡や顕微鏡の原理、分光に関する知識を学んだ。

数学的には三角関数、逆三角関数だからとても簡単だが、実験により細かいデータを収集してグラフを描くのは結構面倒な作業で少々疲れた。今月は4回もの実験を伴う授業を楽しむことができたが、実験室の木製の座席が固い回転椅子に1日中座っているとお尻が痛くなってしまう。


 実験データを集めてグラフにするだけではなく、望遠鏡や顕微鏡の原理を利用した実験によって、レンズを通過したレーザーなどの光束がどのように像を形成し、人の眼に映るか作図せよという課題もある。でも、この授業では宿題の論文や課題も出なかったので嬉しかった。

 ところで、最近は新聞にも何度か出ていたが Microsoft 社が Windows 10 の自動インストールをしてパソコン不調が沢山出ている。自動インスト―ルと言っても全く勝手にやっているわけではなく、何度かインストールのお勧めの案内をした上でのことで、何度も無視して他の作業をしたり、分からぬまましてはいけないクリックを不用意にした人のみに不具合が発生しているだけである。

不具合が出ている人の殆どが、十分な知識のない方又は全くPCに不慣れな方ばかりである。中には、自動インストールのお蔭でインターネットに繋がらなくなったという方までいる。が、そもそもインターネットが繋がらなかったら、自動インストールそのものだってできないのだから、全くの濡れ衣で、そんなバカなことは絶対に起こらない筈なのに…。

 一方で highdy の勧めで自分のPCのメモリー交換・増強を市価の1/3~1/4で、しかも独力でされた方もいる。

知識、技術、情報は宝、知識、技術、情報=お金である。幾らあっても邪魔にはならない。そして、それは自分のみならず、他人も幸せにする。小さな幸せの積み重ねが大きな幸せになる。

お金がなくても、他人を幸せにできるのは知識、技術、情報が持つひとつの力でもある。

 


0 コメント

2016年

5月

02日

頭から粉茶をバサッ!

 どこのご家庭でもそうだろうが、食後にはお茶を飲んで寛ぐことが多い。我が家も同じで食後に飲むものものは、お茶が最も多い。

特に紫陽花の妹が静岡県に住んでいることや、知人からの贈り物などにより1年中茶葉を買うことは殆どないが、時々目先の変わったものとして、粉茶(抹茶も含め)を買うことはある。

いつもその日のメニューや気分によって、紅茶、コーヒー、ルイボスティ、ココア、日本茶(ごく一般の緑茶、ほうじ茶、粉茶と種類も多い)などを嗜好する。夫婦でそれぞれ別のものを飲むことも正に日常茶飯事である。

 今日は紫陽花がカレーを作ると言いながら材料を台所に並べたまま買い物に出かけた。帰って来るとすぐに、今度は家庭菜園で里芋を植えるとのことで、種芋(農家でもないのに、我が家は何10年も自家製である)を堀りに出かけた。

 別にお願いをされたわけでもないが、highdy もカレーは大好きである。それに料理としては特に手間のかからない種類である。かかるのは味を浸み込ませるための煮込みと冷却だけだから簡単なもの。ふと見ると、ご飯も紫陽花が水加減まで準備していたので火をつけるだけ。どちらもこっそり作っておくことにした。と、ここまでは良かった。

 家庭菜園の肉体労働で汗だくになって帰った彼女からは、大いに感謝され喜ばれた。

ゆっくり食事をし、食後にお茶を…と彼女が湯呑を用意したので、highdy は、今日は手抜きで粉茶を…と湯呑に入れようとしたら、手元が狂って少し床にこぼした。

highdy の粗相に呆れながら床を拭いている彼女の頭の上に、さらに手元が狂って袋ごとバサッ! 彼女は慌てて洗面所で洗髪、highdy は掃除機と雑巾がけ、いやいや、食後に大変な騒ぎになった。

改めて、自家製デザートとお茶を楽しみながら、お腹が痛くなるほど二人で笑った。でも、しみじみ彼女が言う、「夫婦仲の悪い人はこれで大喧嘩になることもあるわよ!」と。言われてみれば、確かにその可能性は十分にある事件だ。これで、疲れた彼女がもし料理をしていれば、愚痴のひとつや二つが出たかも知れないが、たまたまタイミングが良かったようだ。

 

「人」と言う字は助け合っていると言われるが、

夫婦というものはその基本的な構成を表しているような気がする。

 


0 コメント

2016年

4月

23日

竹の子のシーズンですね。

 おじいさんは山に芝刈りへ、おばあさんは川へ洗濯には昔話だが、今日の

highdy紫陽花は、朝9時前から一緒に家を出たが途中から別行動。

紫陽花は同級生のアーチストが例年の如く銀座で個展をするので、静岡から上京してくる同級生と共に鑑賞に行く約束になっていた。その間に highdy は大宮の鉄道博物館へ行ってきた。