タイミングが大切!

 大学の試験がやっと終わったのに、毎日やたらと忙しい!

むしろ試験期間中の方が計画通りに勉強をするからのんびりしていた位である。卒業に必要な単位は作年の夏までに取得したし、今回は気楽に2科目だけだから余裕もあった。どちらも良い成績が取れるだろう(!?)と思っているのだが。

皆様大変お待たせしました! 申し訳ありません。m(_ _)m

 暫く無料パソコン教室をお休みにしていたので、サポート作業が溜まっている。連日、次から次へサポートがある。

多いのはPCの調子が悪いというものだが、システムの「復元ポイント」を作成してない方が多い。これはPC作業をする人にとっては基本的なことだから必ず守っていただきたいと思う。私のように、何か起こっても自分で直せる人はいい。それでも何年に一度かは作成しておけば修復が簡単だったのに…と思うこともある。

だが、自分で直せない人に限って「復元ポイント」を作成していない方が多い。その程度だからいつまでも初心者なのかも知れない。人はある程度の作業ができるようになると「自分も人並みだ」と思いがちだが、そこが驕(おご)りであり間違いの元で常に基本を忘れないことが肝心である。

 私はいつも「パソコン専用ノート」をPCの傍に置くように言っている。

サポートの際に「プロバイダー登録情報」や「Microsoftのアカウント、パスワード」、あるいは各サイトの「ログインパスワード」などを必要に応じて尋ねることがあるが、速やかに出る方はおよそ1/3程度に過ぎない。パスワードの再発行は実に多い。

PCの初心者から見れば、私は万能のように思えるかも知れないがプロではない。その道の方から見れば私も初心者レベルの筈である。

プロは簡単にPCの初期化をし、新品購入時の状態にてしまい、 Windows のアップデートをして終わる。作業は非常に簡単でもあり金になるからだ。

しかし、ユーザーはそれからが大変で、多数のアプリを入れ直したりそのアップデート 、さらに今まで種々の設定状態を元に戻すために多くの時間を労(浪)費する。

highdy の場合、殆どPCの初期化を何とか避けて復旧するようにしている。

そうしないと前述のようにユーザーは酷い目に遭うのである。プロより多くの時間はかかるが、無料でもあるしユーザーには大変に喜んでもらっている。

ここで問題なのは「システムの復元ポイント」を作成するタイミングである。

例えば、新しいアプリをインストールする前など大きなイベントの前に行うことだ。その後では全く意味がない。デフラグやレジストリのクリーン化を行った場合などは無論その後が好ましいことは言うまでもない。

一旦、復元ポイントの作成をすると、後刻「システムの復元」を実行した際に、ポイント作成時以降のPCへの変更は一部の成果物を除いて殆ど削除される。Windows のアップデートなど時間のかかる作業まで削除されてしまうと、復旧にとても時間を要する。おまけに多数のアプリまでインストールしていたらなおのこと。場合によっては何処からダウンロードしかも判らず検索の時間もかかる。

higjdy は、自分で購入したソフト以外はシステムのないドライブ(Cドライブ以外)にインストールするように指導している。つまり、システムの再インストールやクリーン化をしても影響を受けないからである。

 

さあ、いま一度「システムの復元ポイント」は

新しいか、確認してみましょう。

 

 確認法も忘れた方は、メッセージなりメールをお寄せください。


 

  [Back]  [Blog Top]  [Next] 

 

コメント: 0