秋たけなわ

いま、まさに「たけなわ」である。言葉の意味や類義語はよく知っているが、その語源は知らない。諸説あってどれももっともらしい。ま、そんな講釈は置いておいて周辺を見ると、街の景色も人の営みも秋で、これから晩秋に向かうところである。

   心なしか寂しい空
   心なしか寂しい空


夏から秋にかけて咲く花が頑張っているのも随所に見かけられる。空もだんだん秋の雲に変わりつつある。秋は全国的に旅行や菊祭りのシーズンでもある。また、同窓会もお盆から秋祭りの人の集まる時期に催される所も多い。我が紫陽花も今夜は同窓会で午後は新幹線で静岡に出かける。

 よさこいソーランを踊る市民グループ
 よさこいソーランを踊る市民グループ

先週は近くの運動公園で土曜・日曜と「菊祭り」があり、「よさこいソーラン」(公式HPはこちら)、「大道芸」など演芸的出し物、各種のお店、フリーマーケットがあり、大変な賑わいであった。幸いお天気が良く暖かい陽射しに恵まれ、大勢の市民が出かけた。

   老人に混じって若い人も多い
   老人に混じって若い人も多い

若者や小さいキッズが出演するパフォーマンスもいくつかあったため、高齢化の進む中老人に混じってその若い仲間達に加え若いカップルも多く目立った。

そして今週は、同じ市内の「ねぷた」を中心とする宵祭りで、一週間前から大通りの飾りつけをして準備されていた。

   パレード開始前の祭り会場
   パレード開始前の祭り会場

同時に別会場では文化祭も開催されていた。午後14時過ぎに県警音楽隊による交通安全パレードがあり、祭りの開始でもある。パレード先導部を歩く市会・県会議員が並んでいたのは全く意味のない売名的な行為が見受けられ興ざめである。音楽隊は年に180回活動しているというから、勤務日数のほぼすべてを費やしていることになり、練習する時間も少ない感じである。

 例年同じ日に菊祭りと宵祭りを実施していたのに今年は1週間ずらして開催された。それにより年々廃(すた)れかけていたそれぞれの祭りがいつになく歩けないほどの大盛況になったようである。

以下のスライドショーでその一部の雰囲気を…。 全画面で見てネ!)

 

 

 [Back]  [Blog Top]  [Next]

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    森男 (日曜日, 11 11月 2012 16:19)

    毎年秋になると楽しいことがいくつかありますが、一つは菊人形が見られることです。
    近くでは笠間にあります。家族で行っても恋人と二人で行っても十分楽しめると思います。
    また、おいしい食べ物もありますから、なんど行っています。

  • #2

    yamayuri (水曜日, 14 11月 2012 20:08)

    秋も深まってまいりましたね。
    埼玉もいろいろな行事でにぎわっていますね。
    今日は新宿御苑の菊展をみてきました。
    競技会とは違い御苑独特の作りと展示。日本庭園と相まって素敵でした。たまたま職員の方のお話も聞けてよかったです。相模原で菊の栽培を教えていただいていた頃が懐かしく思えました。写真が上手に撮れていたらまたUPしたいと思っています。

  • #3

    Highdy (水曜日, 14 11月 2012 20:46)

    森男さん

    いつもコメントをありがとうございます。
    私もお祭りを見るのは好きな方ですが、遠くまで出かけてみることはあまりありません。

    今年はいつもより夜店の数も多いような気がしました。
    廃れかけていたお祭りの賑わいが復活したようです。

  • #4

    Highdy (水曜日, 14 11月 2012 20:52)

    yamayuriさん

    いつもコメントをありがとうございます。
    私は新宿御苑の菊展を見たことはありませんが、さぞ素晴らしいものなのでしょうね。

    我が家の家庭菜園にも沢山の菊がありますが、食用菊の「もってのほか」が沢山あり、毎年ご近所のあちこちに差し上げるとともに、遠くの方にも送ってあげています。