雑記帳

 このコーナーは、全くの気まぐれ雑記で、ボヤキあり、雑学知識ありの何でもコーナーです。読者の方も気まぐれアンケートにお答え頂くと嬉しいですね。記念品が出ることもあります。Facebook の「いいね」を沢山いただていましたが、スペースの都合上削除させていただきました。


[アンケート]


2014.12.11  師走の忙しい時に無駄な選挙


 師走の忙しい時に、結果が判っているのに、何故選挙をする必要があるのだろう。しかも、何の大義もないのに。その前にしなければならないことは多いのに……。

一般的な賢者は皆そう思っているに違いない。いや、賢者でなくても、多く方々は大義がないと思っていることだろう。

 安倍総理大臣は highdy と同じ山口県人、広く言えば同郷である。だからあまり悪いことは言いたくない。アベノミクスの信を問うというのが、彼の言い訳であるが、自分に自信があるなら選挙などしないでやり通せばいい。この選挙のために国民の血税が650億円前後捨てられる。実にもったいない。それだけあれば、随分贅沢な復興支援もできる筈だ。

やらなくても、結果は判っている何故そう言い切れるか? 多くの方々が

特に、若い人が政治に関心をあまり持っていないこと、選挙にも行かないからだ。だから国会議員も口では言っても、真に若い人のために本気で働かない。自分の票が取れる年代層のための早い話老人中心、大企業中心の政策ばかりである。余計に若い人のための施策は置いてけぼりにされ、政治家に有利な、つまり献金してもらえる大企業優遇、金持ち優遇税制にもなり、格差はますます広がり若い人が安心して子供も育てられない社会になる。全くの悪循環!

 税金だって取り易いところから集める、即ち広く浅く庶民から徴収する。贅沢品に沢山税金を乗せ、庶民的なものや食品は思いっきり低課税にすべきである。人は生きるためには最低限の衣食住は必要であり、憲法でも保障されている。

 選挙制度もまた変である。1票の格差が問題になっており「違憲判決」も出ている。「違憲状態」という判決は幾つも出ている。中にはそのために選挙結果は「無効」という判決まである。しかし、違憲状態と言いながら、無効とまでは言えないという裁判官もいる。そんな裁判官は辞めて頂きたい。憲法や法律はお飾りではない、みんなが守り平和になるためのせめてもの拠り所である。このような判決が沢山出ても改めない国会も変である。それは自分たちの首を絞めるからである。そんな無効の選挙で選ばれた国会議員のすることが本当に正しいことなのだろうか。

極論すると、そんな政治家や裁判官を選んだのは国民である。裏を返せば国民がおバカさんだから、誰も政治を正すことができないのではないか!

そのような国会議員を選んだ人は、残念ながらどんなに自分が辛い目に遭っても文句を言うこともできないだろう。可哀想に・・・。

我々国民は、もっと勉強をして賢くならねばいけない。泣き寝入りのままでは円満ではない。不平不満がつのるばかりである。海外の暴動の多くは、長年の不満が爆発したものである。大爆発する前に、選挙で安全弁をセットしよう!

 今度の日曜日は投票日だ、しっかり日本のこと、自分たちの後を継ぐ人たちのことを考え、国会議員として、裁判官として適正な人物を選んでほしいものである。

フリマの達人

 本稿は2010年楽天ブログにアップした内容のリメイク版である)


 highdyは、リサイクルショップやフリマで掘り出し物を見つける楽しみを知り、日夜研究? しながら実績を積んでいる。新品又は新品同様品を1/3程度の価格では満足せず、1/5~1/10の価格で入手して満足を得る。

また、他人が使いこなせいような物を購入し、有効利用するのもアイディアマンとしての楽しみである。

リサイクルショップでは、殆どのところで値引きはしてくれないが、フリマにはネゴ(値引交渉)の楽しみがある。フリマを楽しんで出店している人と話がはずみ、意気投合すると無料でゲット!なんてことも度々。

さあ、達人になるための極意をマスターして、皆さんも頑張ってみよう。

1.フリマの種類を選ぶ

  • 地域にもよるが、PTA主催の学校で開催するものにはお買い得品が多い。
  • 交通遺児救済ボランティア、障害者援護団体、養護施設などの出店ではお買い得品が多い。(我が夫婦は必ず寄付のつもりで買い、時には余分に支払いをしている。)
  • 商人が多く参加したフリマは、商品も良いものが多いが比較的高い。


2.早く会場に着く

  • 公表されている時間より30分以上前に到着。
  • 殆どの会場で、主催者が販売開始時間を制限していても、こっそり販売(又は予約)を始めている。
  • 駐車を必要とする場合はさらに5~10分早く行くこと。


3.可能な限り一人で行動する

  • ご近所や知人と一緒に行った場合でも、別行動にして自由に行動しないとチャンスを失う。
  • 夫婦や親子の場合でも必要な時に携帯で連絡を取合い、要否を確かめながら買う。
  • 夫婦、兄弟など2人以上で行く場合、誰が何を探すか買うものを決めておく。


4.安いからと余分なものを買わない

  • 常日頃から最安値を掴んでおく。
  • バーゲンで安く買えるもの、100円ショップ又はバーゲンセールで買えるものは、1/3~1/4以下でないと買わない。
  • 予め欲しい(買いたい)ものを決めておく。
  • 余分なものや大量に何かを買う時は、その処理(誰かにプレゼント又は買い取る人)の目処がある時だけに限る。


5.入れ物の用意

  • 丈夫なリュックやキャリーバッグを持参する。
  • 途中で持てなくなって駐車場に戻るとチャンスを失う。
  • 重いものは支払いを済ませ、名前と電話番号を告げて売主に預けておく。当然、相手の携帯などの電話番号も確認しておく。


6.時間の有効利用

  • 出かける前に、トイレに行っておかないと、多くの会場では近くにトイレがない。
  • 飲み物の用意。 途中で喉が渇いても、飲み物を探し歩くのは時間の無駄。
  • 余分なお金は持って行かない。あれば、必ず買いたくなる。持って行く金額の目安は自分の食事代+2000~3000円程度で十分。


7.買う店を選ぶ

  • 若い人(25歳まで)と50歳代が狙い目。若い人と50歳代は思いっ切りがよく、高級品を気分良く値引きしてくれる。
  • 50歳台では、贈答品も高級になる一方、使わない余ったものが多くある。
  • 子供用品なら、30歳代後半から40歳代前半の奥さんの居る店。成長盛りの子供いる家庭では、特に衣料が大量に余っている。玩具も含めて子供用品が多い。
  • 農家が参加する農産品は安くない。個人の農産品の方が安い。


8.探し物、購入の仕方

  • 真っ先に廻る順番を決める。
  • 先ずは全体を早足で一巡し、良いもの・欲しいものを早く探す。
  • 購入を迷うケースでは諦めて先に進み、その後何度も訪れる。   店の人が顔を覚えてくれて、格安でと声を掛けてくれることが多い。
  • 必ず見落としの掘り出し物があるので、何度も数多く廻る。
  • 良いものは早く売れるので、これなら買い得と価格に自信があればすぐに買う。
  • 終了間際もねらい目。破格のお買い得品になることがある。


9.値引き交渉

  • 同じ店で複数買うと値引き交渉がし易い場合が多い。
  • 同じ種類は複数にすると、値引き交渉の成功率が高い。
  • 複数(3点以上)の品物を買う場合、必ず一品だけは販売者の言い値で買い、相手に満足感を与えてから他の追加品を値切る。
  • 衣類は特に値引きがし易い。 買い手がない場合、半分は捨てたいと思っている。
  • 品物の破損には、何気なく独り言(クレーム)を聞こえるように販売者に囁く。例えば、これは○○がついている筈なのに無い、少し壊れている、賞味期限が切れている・・・など、但し、サビや汚れ、衣類のシミはフリマは当たり前のようなものなのでこれらは駄目!


10.注意すべき点

  • 30~40歳代の主婦の店では、一般家庭用品は、総じて高く売っている。つまり、自分が買う場合は安いと思っているから注意。
  • 衣類のサイズ・材質に注意。最近はどんなものでも、サイズや材質の表示場所が数ケ所に決まっているので、どんな衣類は何処に表示があるか日頃から知っておく。
  • 衣類は、シミや小さな破れ、虫食い、日焼け、サイズに注意。 同じLでも、外国人用のものはひとサイズ大きいことがある。
  • メチャ安品は、部品欠損や破損品が多いので、修理する自信のないものは買わない。
  • 一般人のフリマの中に商人が出店がしている所では極力買わない、粗悪品が多い。
  • 生鮮品は買ったところに預けておくと丁寧に保管してくれる。持ち歩くと傷んだり、萎びてしまう。
  • パソコン用品や電化製品、機械製品などでは、付属ソフトの欠品、取扱い説明書の不備などがあり、自分の能力に自信がない場合は買わない。
  • 極端なネゴはしないこと、人格・人徳を失う。

パソコンをすると眼が疲れるのは何故?

 

 パソコンを長時間続けると目が疲れて・・・とおっしゃる方は多い。理由は簡単、疲れる光を浴びているからである。

我々は「可視光線」という目に感ずる光で物を判別している。物体に光線があたり、吸収されないで戻ってくる光で色が変わって見える。それ自体は生きている以上仕方がないことである。

光も電波と同じ一種の電磁波であり、秒速30万km(およそ地球7周半)で(飛ぶ?)走る。ヒトが見ることのできる可視光線はおよそ400~750nm(ナノメートル:1/1000mmのこと)で、バランスのとれた光は白色に見える。光の三原色については小学校で習った。絵の具やクレヨンなど塗料の三原色が黒になるのと異なることもご存知の通り。

光をスペクトルに分解すると波長により虹色になるが、この波長の短い青や紫が濃くなる程エネルギーが大きくなる。

太陽から降り注ぐ紫外線は大きく分けてUVA(波長 315–380 nm)、UVB(波長 280–315 nm)、UVC(波長 200–280 nm)と3種あるが、比較的波長の長いUVAとUVBはオゾン層を突き抜けて地表に届く。ここでも電波の性質をよく表していて、UVCは大気圏も通過できない。地表に届くのはUVAが殆どである。

ヒトの目は明るい所ほど目が疲れる強い光はもちろん有害で夏の日焼けもその例のひとつ。山や海でゴーグルをかけたり溶接作業で保護メガネを使用することからも容易に理解できるだろう。特に強度の強いUVBは目に対して危険で様々な障害を起こす。紫外線よりさらに波長の短い放射線(X線、α線、β線、ガンマー線など)は人体により大きな障害をもたらす。

パソコンをして目が疲れるのは、その明るさと上記のような紫外線に近いエネルギーの大きい光を浴びるためである。

世の中には「紫外線カット何%」、「パソコン用」といった専用メガネが数千~1万円余りで売られている。ところが問題はそのカット周波数やカット率であり、何よりもメガネの掛け方である。メガネをかけても光上左右から意識しなくても目に入ってくる。そのためにはゴーグルタイプでないと効果は期待できない。市販のパソコン用メガネは全くナンセンスと言ってもいい。

確かに昔はモニタ―がブラウン管であり、静電気により膨大な微少粉塵が画面上ではじかれて飛散、角膜に少なからず損傷を与えていたのでメガネの効果はあった。今は大部分が液晶モニタになり、そのような心配は無くなった。

そのようなことをするより、モニタの輝度を少し下げる(暗くする)方が余程効果があるしかも、殆どのパソコンでキーボード上で調整できるように[](Function:機能)キーの何番かに割り当てられている。

だからと言って、暗い部屋での読書や暗すぎる画面でも目が疲れ悪くする元になるので、ほどほどにすることが肝心である。

 

2013.2.6  今度はFCレーダーだって?

 

 昨日中国の公害を話題にしたばかりなのに、今度はFCレーダーだって? どうしたの? 中国さんは。

俗にいう「FCレーダー又はレーダーFC」というのは、Fire Cotrol System(=射撃管制装置)、つまり移動体(艦船、爆撃ミサイル、戦車など)攻撃用の Fire (火器:この場合は砲弾やミサイルなどを指す)を発射する場合、目標物の正確な位置を測定・計算する一連の装置をいう。

北朝鮮の大陸間弾道ミサイル発射の際に(恐らくないとは思うが…)誤って日本に落ちてきそうな場合、迎撃ミサイルを発射する。その際にミサイルにシステムを搭載して自動追尾を「ロックオン」おけば、自分で目標を捉え追尾して爆破する。

 今回のように移動体から移動体を対象に対する攻撃では、比較的命中する確率は落ちてくる。ただ、問題は「照射」そものものである。照射するということは、現に攻撃目標を捉えた(決定した)ということであり、防衛省の言い分のように「照射された側が対応行動として先に攻撃しても、国際法的に何ら問題ではない」ということになる。即ち、世間でよくあるちょっとした喧嘩から「殺されそうになったから止むを得ず反撃したら、結果的に相手を殺してしまった」という、正当防衛が認められるということだ。

 レーダーの照射は、間違いなく相手を敵対視しての行動であり、ボタンを押せばいつでも攻撃できる状態を意味する。悪く言えば、ニュースでも取り上げられている「挑発行為」とも言える。

 福島の原子力発電所の事故対応に関しても、我々エンジニアから言わせれば初歩的なミスが重なり事故を拡大させてしまった、まさに人災である。

いくら焦りがあったとは言え、あれだけ優秀と思われる人材が揃っていた(筈?)にも拘わらず、次々とミスを重ねている。マニュアルがどうなっていたかが、読ませてもらいたいものだ。事故後とっさに思いついたことは、一にも二にも原子炉を冷やすことなのに、素人が口をはさんだこともあり、随分と決断までに時間がかかっている。実はその前の笑い話もある。歩いてバルブを閉めに行く途中、懐中電灯が切れて行けなかったと? 馬鹿馬鹿しい! 幼稚園の園児ではあるまいに。脱線してしまった! 話を戻そう。

 このような事態に対し、自衛隊のマニュアルはきちんと整備できているのか、それに対応した訓練はなされているかが気にかかる。

よしんば、あったとしても軍事機密であるから公表はされないだろうし、さりとて相手国に刺激を与えないために「ない」とも言えないだろう。部外者の私が悩むことではないが、国民の皆様のお考えは? 政治家だけで考える問題でもない。政治家は皆様が選んだ国民の代理人であるから……。

2013.2.5  この多大な迷惑はどうしてくれる?


 最近中国では大変な公害問題が発生している。人民もさぞお困りであろう。原因は成長期にある産業界で使う大量の石炭の使用にあるにあると言ってよい。我が国でもかって高度経済成長期には同じ問題が発生し、各地であらゆる公害問題が発生していた。いま、中国がその頃の日本の姿を追いかけている。事実経済力でも世界の2位に躍り出た。

お蔭でわが国は全国的にとんでもないその被害に遭い始めた。特に福岡県などでは、国の基準の数倍近い濃度のPM2.5が降り注ぎ、春でもないのに春霞の如くどんよりと視界が悪いことがある。本家の中国では、その濃度が1立法メートル当たり900マイクログラム(マイクロは100万分の1)のこともあるというから、日本の基準からすれば25倍以上もの高濃度であり恐ろしいことである。

 ご存知の方もあろうが、そもそも「PM2.5」とは何ぞや? 知らない人が「午後2時半のことか」と言った笑い話もある。

実はSuspended Particulate Matter(=浮遊粒子状物質)のこと。2.5はその粒子径を示すもので単位はμm(マイクロメーター)である。ヒトの髪の毛は人種や年齢層によって異なり、40~150μmと幅があるが平均で70μm(0.07mm)と言われている。100μm(0.1mm)としても、さらにその40分1であるからいかに細かい粒子であるか理解できるであろう。笑い話どころではない脅威である。

 私は医者でもないし、別に大学で循環器に関することを学んだから話題にするのではない。現状のままだとPM2.5濃度が相対的に高い都市部を中心にして、これから呼吸器系や循環器系(主に血液・血管関連をいう)の疾患が原因死亡率が大幅に増加することが懸念されているからだ。それでなくとも日本人の悪性新生物(癌)に次ぐ死因は、心(心臓関連)疾患、脳血管疾患、肺炎であるのに。ここ50年間余りでわが国の心疾患による死亡率は画期的に低下した。理由は世界に冠たる国民皆保険制度達成(19613)と、誇れる高度な医療技術の進歩の賜物である。わが国も自然災害に基を発するとはいえ多量の漂流物を太平洋に流出させ、各国に多大な迷惑をかけている。北米の西海岸ではその処理費用に頭を悩ませているとも聞く。

 しかし、中国のこの多大な迷惑はどうしてくれる? 尖閣が云々で騒ぐでない! とは言いつつも、ついでにボヤくが、政府は「古来からわが国固有の領土であり…」と同じ言葉を繰り返している。もっとその理由を国民に詳しく説明する責任もある。周りの人に聞いてみて頂きたい。その詳しい経緯や理由を知っている人は殆どいない。

伊藤博文をはじめとして、山縣有朋、桂太郎、寺内正毅、田中義一、岸信介、佐藤栄作、管直人、安倍晋三と、全国に類を見ない8人もの総理大臣を輩出した同じ賢人ちゃう!県人として、その説明責任はいかがなものかと・・・。

    クリックでジャンプします
    クリックでジャンプします

2012.06.29   政界を愚痴る

 

 時には雑談をしてみよう。

世の中、主婦の会話は子供や家族の話が多い。仕事を持たない家庭外活動のない人は、案外共通の話題を持たない方が多い。すると、どうしても身近な話になりがちなものである。仕事をしている若い方だって、知的な文化的な会話をする人は圧倒的に少ないものである。まして政治の話なんて、政治・報道・出版関連など多少なりとも関わりがあったり、必要性がなければしないものだ。

知的な主婦には隠れた魅力があると言うと、奥様方にお叱りを受けるかも知れないが、逆の立場で考えてみて頂きたい。他人の子供の成績やご主人や親戚の愚痴を聞いても全然面白くない、不愉快になるだけである。知的なためになる話、趣味・同好の話、政治その他、自分に興味のある話なら、興も乗り話も弾むだろう。

というわけで、たまには政治について少し書いてみよう。

いま、消費税と社会保障の一体改革の件で政界が騒々しくなっている。ご存知の方も多いが、日本の消費税は先進国の中ではもっとも少ない。先進国で15%~20%は普通と言ってもよい。

一方で日本の長寿は世界一である。他ならぬその理由は、医学の進歩もあるが、国民皆保険制度のお蔭である。医学の進歩だけで見れば、欧米に比べてまだ遅れている部分は多々ある。

問題はいろんな国で高齢化・少子化が進んでいることだ。日本の現状を追っかけている国は数多い。

 

そのような中で、現状を維持(改善まではあまり期待できない)するためには財源がない。しかも多額の借金を抱える国の財政を考慮すれば、やむを得ない苦渋の決断と言えよう。

にも係らず、公約が云々というおバカな議員さんが多い。(決して私が賢いということではない!)それも昔からの変わり者のある方をボスとする集団である。その内訳をみると、圧倒的に素人やタレント的な人間を含む1年生議員である。2年生や3年生も多少含まれるが、中国にぞろぞろついって行って一人ずつの握手も求めた国恥をかいたのもそういう方々である。

 

昔から国会議員が政治をしないで政争をしているのは日本の伝統のようなものだが、もっと真面目に勉強して真剣に政治に関わって欲しいと願うのは私だけではないだろう。

選挙も「出て欲しい人が出ないで、出たい人が出ている」のが実情である。そんな状態だから原子力保安院や東京電力、あるいは大会社のトップがカジノに資産をつぎ込んだり、本業以外の投資での大損失を隠す人間まで現れる。真面目に働いている従業員にしてみればたまったものではない。

 

本当に国民のことを考えてくれる政治家は、我々が選ばなければいけない。政治や選挙に無関心で投票にも行かないような人が、結構愚痴や批判をするものである。公権を厳正に行使して政界を変えていくのは、われわれのためだけではなくこれからの子供達のためでもある。

2012.02.13   安全と便利には、金と手間がかかる

 

 このところ連日ホームページをいじっているが、なかなかスマートにはできない。商用ページではないので、見る人に見易くを心掛けている。見易くきれいにするには、結構時間と手間がかかる。

 

安全と便利には、金と手間がかかるもの」だよ!と、家内の母親に教わったことがある。
いま、Google Adwards のテスト広告を計画しているが、その審査を受けるには個人情報の保護に関する法律というものがあり、プライバシーポリシーについても明記する義務がある。さすがに Google である、お客様の個人情報を扱うのだから当然である。

 

あと、数日もすればこのサイトも何とか完成するだろう。コメントを書いてもらうほどの内容は書いていないが、「いいね!」ボタンの数字が少しずつ増えるのは嬉しいものである。

2012.02.05  学生の特権

 

 何台ものPCを持ってはいるものの、ExcelWord は標準で付属しているが、どれも Powerpoint は入っていない。Microsoft からビューワーを無料ダウンロードすれば見ることは可能。

しかし、自分でプレゼン用資料を作成したり、アニメーションを作成したりすることはできない。

 そこで、学生特権を利用して Amazon から2010版を購入した。通常価格は15,500以上、家電大手のヤマダ電機で購入しても12,700円、ところが Amazon で買うと7,672円、もちろん新品未開封。

学生特権を使える時に使っておくのもいいものだと思った。

ホームページ立ち上げ

 本ホームページは、初期のフォームを作成するには数10分もあればできますが、内容を埋めていくと結構かかるものです。

10ページ程度を作成するのに延べ10時間もかかってしまいました。1時間で1ページ前後のペースですね。でも、画像制作時間も含めてですから、その割には早いと自分では思っています。

立ち上げ1か月で何10ページもあり、1日では読めませんね。

 

世の中は進んできて、ひと昔前に比べると、作業は格段に楽になりました。私がHPページを始めた数十年前は便利なソフトも少なく、決してやさしくない専門言語と格闘し、3日も4日も掛かりました。

 

現代では、ホームページが作れなくても、誰でも比較的に簡単に類似のものができるブログ(Blog)が盛んになっています。また、いろんなSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)があり、どちらも年齢・職業・趣味を問わず、気楽に情報を発信し交流できるようになりました。

 

このサイトは、言わば、隠しHPのようなもので、知人から知人へと「クチコミ」で広げることのみを狙った、つまり信頼性を重視したサイトなのです。無料だからと、不特定多数の方々から集中的にアクセスさせないための防御策を考えたつもりです。
もちろん、ちょっとしたSEO(Search Engine Optimization = 検索エンジン最適化)対策をすれば、爆発的に人気の出るサイトにすることも可能です。

 

試しに、Google などの検索窓に「Highdy」と入力してみて下さい。やたらと室長の過去の記事が多数出てきます。

また、「植田 英昭」や「気まぐれ」の併記も同様です。

検索語はご存知のように、スペース(空白)を入れながら、語数を増やすほど検索範囲が狭められ特定化されます。

 

話が横道に逸れましたが、親しい友人に紹介者名を入れて「お問い合わせ」にご記入頂くと、より信頼のおける学習者又は希望者となることができる仕掛けになっています。お知り合いに、パソコンで困っている方がおられましたら、是非お声がけをしてあげて下さい。

 

また、いろいろなご意見などもありましたら、ご遠慮なく提案をお願いします。最後までお読み頂き有難うございました。

 

 

[HOME]   [TOP]