ご挨拶

 

ビデオの御挨拶は古くなりましたので、削除しました。 

 

室長略歴

                  (Excel で遊ぶシリーズより)
(Excel で遊ぶシリーズより)

 学校を出て、地元(宇部市内)の中小企業に8年半在職、この間に設計を中心とした数多くの技術的な知識を吸収、当時やっと世の中に大衆化し始めた初期の電算機(いまの電卓)なるものも始めて導入。

一念発起、自分の実力を試すために東京に出て車両・船舶・工作機・ディーゼルエンジンなどで皆様にお馴染みの大手企業のエンジニアリング部門で、プラントエンジニアとして約30年間勤務。 

                  エクセルでこんな画像も数分で… 

この間、医薬・食品工場をはじめとするあらゆる産業分野の機械やプラント開発・設計・施工管理などに従事、人生の1/3〜1/2は開発業務。元来創意・工夫・発明が得意であり、工業所有権の実用新案、特許も約30件取得。世界各地に出張できて見聞を広め、日本の良さを知ったのもこの時代。

大衆化し始めた最も初期の高額なパソコンを自費で購入して独学。当時大手の同業他社に劣らない電算技術を誇っていた会社では、その頃から日本語や英文ワープロも利用。その後、職務ではCAD(コンピュータ設計)を駆使して設計。先輩や後輩にもワープロ、CADの操作技術を指導。

 

その会社を退職後、さらに大きなスーパーゼネコンのエンジニアリング部門にも勤め、医薬・食品の新しい製法による新薬製造工場の設計に従事していたが、親の介護のため退職。

 

その後、業界では有名な東京の中小企業(本社は静岡)から要請があったものの、親の介護負荷が大きくなり、月の半分は実家で介護、残りはその会社に非常勤勤務を続けていたが、24時間介護が必要となり退職を余儀なくされる。

 

寝る時間が減ってきて、どうせ寝れないのであれば勉強をしようと大学に編入学。親父の介護及び将来に備えて福祉系のコースを選択、勉強。そのうちに親が入院をきっかけに自宅での介護は困難との宣告を受け、親の病院へボランティアで通いながらこの教室を開いていた。が、その親父も他界し、現在は残務整理をしつつ、旅行を兼ねて全国の大学を放浪、遊びながら勉学に励みつつ…といったところ。

大学は卒業後、学士入学を繰り返し、2016年からは4度目の大学生 。
3か月毎に埼玉(自宅)~山口(別宅)を往復しつつ、無料パソコン教室をしながら日本全国を旅する気ままな老人大学生。